RCI(MT4インジケーター)を3本表示させる設定方法|無料ダウンロードとテンプレート付き

RCIをMT4に3本表示させる方法|アイキャッチ画像

RCIを3本表示させた手法は【RCI3本手法|環境認識と移動平均線を加えた高確率トレード】を参考にしてください。


『RCIがMT4にありません。』

『RCIを3本表示させたいけど、どうしたらいいいの?』

MT4インジケーター【RCI Perfect】の公開後に問い合わせが止まらないのが、MT4チャートにRCIを3本表示させる方法でした。

そこで、今回はMT4チャートにRCIを3本表示させる方法について分かりやすく解説をしていきます。

設定が面倒という方もおられると思いますので、RCIが3本表示された無料チャートテンプレートも用意しておきましたのでご活用ください。

RCI(MT4インジケーター)とテンプレートを無料ダウンロード

RCIの手法を知ったけど、RCIをどこから手に入れて良いのか分からない方も少なくないと思います。

そこで、こちらで用意しておきましたので、ダウンロードしてご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから ⇒【RCIインジケーターと3本表示チャートテンプレート

MT4チャートにRCIを表示する設定方法

RCIをMT4チャートに3本同時に表示させる方法は、実はそんなに難しくありません。

ただ、3回RCIインジケーターをチャートに追加しただけの話です。

RCIの追加方法と詳細設定さえできれば、RCIの3本同時表示は簡単にできてしまいます。

ですので、まずは、RCIをMT4に追加する方法とパラメーターの詳細設定について解説します。

STEP1|ダウンロードしたファイルを解凍する

ダウンロードしたフォルダーがzipファイル形式になっていますので、解凍して通常のファイル形式にします。

MT4のRCIインジケーター

①ダウンロードしたzipファイル【RCI】の上で右クリックします。

②[すべてを展開]を選択してzipファイルを解凍してください。(※お使いのPCによって、解凍するときの表記は異なります。

STEP2|RCIインジケーターをMT4に導入する

解凍されたフォルダーの中には、3つのファイルがあります。

RCIのMT4インジケーターとテンプレートをダウンロード

【RCI.ex4】⇒ RCIインジケーター

【RCI_3line_black.tpl】【RCI_3line_white.tpl】⇒ RCI3本表示のチャートテンプレート

になります。

まず、RCIインジケーターをMT4に追加します。

インジケーターの追加方法については、【カスタムインジケーターをMT4に追加導入する方法】で、分かりやすく解説してます。

STEP3|RCIのパラメーターやレベルを設定する

MT4にRCIインジケーターを追加することができたら、パラメーターやレベル表示を変更して、チャートに表示させましょう。

RCIインジケーターをMT4に3本表示設定させる

 

①【メニューバー】よりナビゲーションをクリックして、インジケーター一覧を表示させます。

②【RCI】をチャートへドラッグ&ドロップすると、【RCIの詳細設定画面】が表示されます。

③【全般】を選択して

④下限の☑をいれて[-1]と入力。次に、上限の☑をいれて[1]と入力してください。

RCIインジケーターをMT4に3本表示設定させる③パラメーター

⑤次に【パラメーター】を設定します。まず【パラメーター】のタグを選択してください。

パラメーターの[rangeN][Maxrange]にRCIの設定したい期間を入力します。

よく使用されている期間設定は、短期9、中期26、長期52になります。

ここでは、まず9を入力します。

RCIインジケーターをMT4に3本表示設定させる④色

⑥色とRCIを表示する線の太さの設定です。まず【色の設定】のタグを選択してください。

ここでは、色の設定を白、太さも少し太めに設定しました。

RCIインジケーターをMT4に3本表示設定させる⑤レベル設定

最後に[レベル設定]です。[レベル表示]のタグを選択してください。

⑦追加ボタンをクリックすると

⑧レベル設定に数値を入力することができますので、[0.8][-0.8]を入力しましょう。

[OK]ボタンを押すとRCIがMT4チャートに表示されています。

確認してみましょう。

RCIインジケーターをMT4に3本表示設定させる|完成

MT4チャートに、RCIが表示されていますね。

MT4チャートにRCIインジケーターを3本表示させる設定方法

さて、本題の【MT4チャートにRCIインジケーターを3本表示させる設定方法】について解説していきます。

RCIの設定方法が分かれば、あとは簡単です。

2本目と3本目のRCIを追加する

まずは、画像をご覧ください。

RCIインジケーターをMT4に3本表示設定させる方法

画像のようにRCIインジケーターを、すでにRCIが表示されているサブウィンドウへドラッグ&ドロップします。

あとは、上記の【STEP2】を繰り返すだけで、2本目のRCIが表示されます。

3本目も同様の作業を繰り返すと、RCIの3本同時表示の完成です!

完成したチャートを確認してみましょう。

RCIインジケーターをMT4に3本表示設定させる|チャート

一般的によく使用されているRCIの期間数値

パラメーター設定で、一般的によく使用されている期間数値は

  • 短期=9
  • 中期=26
  • 長期=52

になります。

付属テンプレートで3本のRCIをMT4チャートに簡単表示させる方法

RCIの導入が、面倒だという方のために、RCIが3本表示されたチャートテンプレートを用意しました。

テンプレートを使えば、簡単にRCIを3本表示することができますので、必要な方はお使いください。

RCIが3本表示された2種類のテンプレート【Black&White】

チャート背景がBlackバージョンとWhiteバージョンの2種類です。

RCIをMT4に3本表示させる方法|チャートテンプレート

RCIが3本表示されたチャートテンプレートをMT4に追加する

テンプレート追加方法が分からない方もおられると思いますので、チャートテンプレートをMT4に追加する方法を解説しておきます。

RCIインジケーターとチャートテンプレートを追加すれば完了ですので、とても簡単です!

(※テンプレートだけではRCIは表示されないので、必ずRCIインジケーターを追加してください。)

それでは、解説をはじめます。

まずは画像をごらんください。

MT4のRCIインジケーターを3本表示させる方法|テンプレート①

①メニューバーより[ファイル]を選択して、

②[データフォルダを開く]を選択します。


【RCIインジケーターを追加する】

MT4のRCIインジケーターを3本表示させる方法|テンプレート②

【テンプレートを追加する】

MT4のRCIインジケーターを3本表示させる方法|テンプレート③

最後に、MT4を閉じて再起動すれば完了です。

MT4のRCIインジケーターを3本表示させる方法|テンプレート④

RCIを3本表示するだけの手法には限界がある

さて、最後にRCIを3本表示させた手法について、言及していきたいと思います。

チャート上に、3本のRCIを表示すること自体は問題はありません。

問題なのは、インジケーターだけでトレードをしようとすることなんです。

しかし、RCIの3本表示のパターンだけで、トレードをしようとするトレーダーがあとを立ちません。

少し検証すればすぐに勝てないことが分かると思います。

RCIはあくまで、インジケーターなんです。

インジケーターは、相場分析の一部であって、すべてではありません。

ダウ理論、プライスアクション、サポレジや時間的タイミングなど、そこに、はじめて3本表示のRCIが効いてくるんです。

下の画像をご覧ください。

MT4のRCIインジケーターを3本表示させた手法

RCI=短期9(白)、中期26(黄色)、長期52(赤)

RCIの3本表示手法は、赤枠で囲ったRCIのパターンだけを見てトレードしていく手法です。

未来のチャートは見えない設定で、①~④の赤枠の部分(RCIのパターン)だけを確認してください。

【RCIの3本表示手法でエントリーできるポイント】

画像② ⇒ 短期、中期、長期がすべて-0.8以下で大底で買いをサイン(※本当に大底で買える勇気があるのかが問題)

画像③ ⇒ 中期、長期が強気な状態で短期は-0.8以下で買いサイン

【RCIの3本表示手法だけではエントリーが難しいポイント】

画像① ⇒ 短期は買いエントリーを示唆しているが、中期は弱気で売りサイン。長期は中途半端なサイン。RCIのパターンだけでは、まず入れないポイント。

画像④ ⇒ 長期も強気で 短期は買いエントリーを示唆。ここまでは良いが、中期はどうだろう?明らかに弱気で売りサイン。エントリーにためらいを感じてしまう。

これが、FXでいう機会損失です。

【RCIの3本表示手法に3本のMAを入れてみると!】

RCIを3本表示させたチャートに3本のMAを追加表示させてみよう!

MT4のRCIインジケーターを3本表示させた手法

すると、先程エントリーできなかった画像①と画像④は、自信を持って買いエントリーをすることができます。


まずは、画像をご覧ください。①の拡大画像です。

MT4のRCIインジケーターを3本表示させた手法②

①の拡大画像ですが、

  • ダウ理論的には高値も安値も切り上げている。
  • 過去の押し安値がサポレジ転換して強いサポートになっている。
  • MAはパーフェクトオーダーを示唆
  • MAがサポートしている。
  • 四角で囲っているアウトサイドバーが買いを示唆している。

買う条件で、これほどない好材料ばかりです。

RCIの3本表示手法だけでは、上記のような情報は入ってこないのでエントリーはできませんが、MAを表示させて少し分析するだけで強気でエントリーすることができますね。


次は画像④です。

MT4のRCIインジケーターを3本表示させた手法③

④の拡大画像ですが、

  • ダウ理論的に高値と安値を切り上げて上昇トレンド継続
  • 前日の高値がサポートになっている
  • MAの状態はパーフェクトオーダー状態で買いを示唆
  • フィボナッチは61.8の黄金比率

こちらも、買いエントリーには十分な根拠が揃っていますね。


過去チャートなので何とでも言えるわけですが、それはRCIの3本表示手法も同じことなんですよね。

ひとつだけ確実に言えるのは、RCIを何本追加しても、上記のようなエントリー根拠は出てこないということ。

RCIだけではなくても、他のインジケーターも同様です。

つまり、インジケーターだけではトレードはできないということです。

RCIの3本表示手法を強力な武器にするために

RCIの3本表示手法を強力な武器にするために、必要なこと。

それは、最低限の環境認識とチャート分析をすること。

正しい環境認識は、

環境認識とマルチタイムフレーム分析の方法

トレンド転換・継続サインの見極め方

を参考にしてください。

正しい環境認識とマルチタイムフレーム分析で、3本RCI手法が、強力な武器になるでしょう。

そして、もうひとつ。

RCIはオシレーター系のインジケーターです。

トレンドフォローをするのであれば、もうひとつトレンド系インジケーターと組み合わせること。

トレンド系インジケーター(MA) + オシレーター系インジケーター(RCI) = 優位性のあるサイン

手法に関しては、RCI3本手法|環境認識と移動平均線を加えた高確率トレードで、詳しく解説しています。

また、自分だけのRCIシグナルを自由自在に点灯させることができるMT4インジケーターは【MT4『RCIパーフェクト』インジケーターという手法|矢印サイン・メール・アラート・MAフィルター・誰でも簡単カスタマイズ】で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

まとめ

最後にRCIをMT4に3本表示する方法について大切なポイントをまとめておきます。

①RCIをお持ちでない方は、RCIインジケーターとRCI3本表示テンプレートをこちらから無料ダウンロードする。

RCIインジケーターと3本表示簡単テンプレート

②RCIの追加方法は

[ファイル]>[データフォルダを開く]>[MQL4]>[Indicators]へ【RCIインジケーター】をドラッグ&ドロップ。(※更新もしくは再起動を忘れずに)

RCIの3本表示は、3回サブウィンドウにRCIを追加する。(※パラメーター設定を忘れずに)

③テンプレートの追加方法

[ファイル]>[データフォルダを開く]>[templates]へ【RCI_3line_black.tpl】【RCI_3line_white.tpl】をドラッグ&ドロップ。

そして、何より大切なこと。

RCIの3本表示手法だけでは、トレードできないということです。

RCIに限らず初心者の方はどうしても、インジケーターだけでトレードしがちです。しっかりと環境認識、チャート分析をして3本表示手法を使いこなして頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.