外部から入手したMT4インジケーターをチャートに追加導入する方法

MT4インジケーターの追加手順の解説

『外部から新しいインジケーターを手に入れたけど、MT4にどうやって保存するの?』

『カスタムインジケーターをどうやって、MT4チャートに表示するのか分からない?』

はじめてMT4を利用する方にとっては、少し困惑する場面です。

しかし、それは最初だけ!

外部から手に入れたインジケーターのことをカスタムインジケーターと言います。

カスタムインジケーをMT4に追加導入して、チャートに表示するまでの手順はとても簡単です。

慣れれば1分もかからない作業ですので、この記事を参考にあなたのカスタムインジケーターをMT4へ追加してください。

今回は、外部から手に入れたカスタムインジケーターをMT4に追加~チャートに表示する手順をステップバイステップで、分かりやすく解説していきます。

この手順を覚えれば、迷わずカスタムインジケーターを追加できるようになります。

この記事が、あなたのMT4ライフの向上のお役に立てれば幸いです。

MT4の使い方で分からないことがあれば、

ブックマーク!【MT4の使い方!永久保存版|たった1記事で初心者でも完全理解!】

で、すべて解説していますので、参考にしてください。

MT4カスタムインジケーターの導入方法

外部から入手したカスタムインジケーターをMT4へ追加する手順はとても簡単です。

以下の手順で、あなたのMT4へカスタムインジケーターを追加導入してください。

STEP1|追加したいインジケーターを分かりやすい場所に保存しいておく

①MT4へインジケーターを追加する前に、追加したいインジケーターを、デスクトップなどの分かりやすい場所に保存しておいてください。

カスタムインジケーターは、インターネットで無料ダウンロードか、もしくはどこかのサイトで購入することになると思います。

入手したインジケーターはex4ファイル(○○.ex4)もしくは、mq4ファイル(○○.mq4)という形式になってますので、ファイル形式の状態でデスクトップなど、分かりやすい場所に保存しておいて下さい。

STEP2|カスタムインジケーターをMT4へ保存する

次に、外部から入手したカスタムインジケーターをMT4へ保存します。

今回は『RCI』というインジケーターをMT4に導入してみようと思います。


MT4 使い方 インジケーター

②メニューバーより[ファイル]⇒[データフォルダを開く]を選択して下さい。


MT4 使い方 インジケーター

③[MQL4]フォルダをクリックしてください。


MT4 使い方 インジケーター

④[MQL4]フォルダクリックすると、[Indicators]フォルダーがあります。

この[Indicator]フォルダに、カスタムインジケーターを追加します。


MT4 使い方 インジケーター

⑤『Indicators』フォルダに、外部から入手したカスタムインジケーターをコピー&ペースト、もしくはドラック&ドロップで保存して下さい。

これで、カスタムインジケーターはMT4に追加されました。


カスタムインジケーターが、ちゃんとMT4に追加されたか不安な場合は、[Indicator]フォルダを開いて確認してください。 

それでは、[Indicator]フォルダーを開いて確認してみましょう。

MT4 使い方 インジケーター

※確認したい場合は『Indicators』フォルダを開くと、MT4に保存されているインジケーター一覧が表示されるので、導入したいインジケーターがあるか(今回の場合『RCI』)確認してみてください。

STEP3|カスタムインジケーターをMT4チャートに表示する

⑥【重要】MT4の再起動か、インジケーターの更新をする。

※『Indicators』フォルダの中に『RCI』が確認できても、まだインジケーターをチャートに表示することができません。

一度、MT4を閉じて、再度MT4を立ち上げて下さい。インジケーターを追加導入する度に、この作業が必要になります。


【MT4の再起動】

MT4の再起動は、簡単ですね。一度、MT4を閉じてから、再度立ち上げるだけです。

分からなければ、MT4の再起動で大丈夫です。


【インジケーターの更新】

インジケーターの追加に慣れてくると、MT4の再起動さえ面倒になってきます。

インジケーターの追加に慣れてきたら、[インジケーターの更新]を覚えておくと便利です。

とても簡単なので、解説していきますね。

まずは、画像をご覧ください。

MT4カスタムインジケーターの追加の解説

 

[ナビゲーターアイコン]>[インジケーターの余白ゾーンで右クリック]>[更新]をクリック

すると、ナビゲーターウィンドウのインジケーター欄に、先ほど追加したカスタムインジケーターが表示されます。

表示されたカスタムインジケーターを、チャートへドラッグ&ドロップするとインジケーターが表示されます。


それでは、実際にチャートへインジケーターを表示してみましょう。

⑦インジケーター(RCI)を表示する。

MT4 使い方 インジケーター

今回は【ナビゲーター】からインジケーターを表示させてみます。

【ナビゲーター】のアイコンをクリックすると、画面左に【ナビゲーター画面】が表示されますので、【インジケーター】⇒【RCI】をチャートへドラック&ドロップして下さい。

RCIが表示されましたね!

まとめ

MT4の使い方で分からないことがあれば、

ブックマーク!【MT4の使い方!永久保存版|たった1記事で初心者でも完全理解!】

で、すべて解説していますので、参考にしてください。

世界標準のチャートシステムだけあって、インターネット上には、MT4専用のカスタムインジケーターがたくさんあります。

外部から入手したインジケーターの追加導入はも慣れれば、とても簡単な作業になります。

はじめは、少し複雑に感じるかもしれませんが、これからたくさんインジケーターをMT4へ追加していくと思います。

分からなければ、その都度このページを参考にしてチャレンジしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください