そんなに大切?ダウ理論とは|誰でも簡単にエントリーポイントが分かる

ダウ理論
お悩みトレーダー
ドル円を買おっかなぁ〜?
お悩みトレーダー
いや・・・やっぱり売ろう!
お悩みトレーダー
あぁ〜やっぱり買いだった〜
メンター
そんなに曖昧なトレードしてたら、ギャンブルと変わらないですよ!

それでは、今回はとても大切な理論を教えてあげましょう!

【ダウ理論】です!

エイク
【ダウ理論】?

昔に本で読んだけど・・・

そんなに大切なんですか?

メンター
だから、今までFXで勝てなかったんですね。

【ダウ理論】は、とても、とても大切な理論なんですよ。


『今は、買いのか?』
『それとも、売りなのか?』

『ん〜買いなのか売りなのか、どっちにしようかな?』

勝てるトレーダーは、そんな曖昧な感情は、まず起こりません。

買い目線ならどこで買うのか、静かに待っているものです。
そしてエントリーポイントがやってくれば、迷いなく淡々とエントリーをする。

なぜ、それができるのか?

それは、テクニカル分析をする上で、たったひとつの大原則をベースにトレードしているからです。

そう、テクニカル分析の王道【ダウ理論】です。

 

ダウ理論という言葉は、よく耳にするけど

  • どれ程、大切なものなのか?
  • 実際どういうものなのか?
  • どのように活用すれば良いのか?

知っているようで、意外と分からないものですよね。

ちなみに、私は、トレードで大失敗してからダウ理論の大切さを知りました。

ということで、今回は、ダウ理論を誰でもかんたんに、分かりやすく理解できるように、徹底的に解説していきますね。

そんなにダウ理論って大切なの?その根拠は?

初心者時代、私は、チャート分析ツールのMA(移動平均線)やMACDなどのインジケーターを勉強しました。
その後、手法を探し、どんな手法を試しても勝つことができませんでした。

なぜ勝てないのか?

それは、ダウ理論を知らずしてトレードを行っていたからです。

断言できます!

どんな手法も、ダウ理論を知らずに、勝つことはできない。それほど大切な理論です。

それでは、なぜ、そんなにダウ理論が大切なのか?その根拠は?

100年以上の歴史がある理論

ダウ理論とは、19世紀後半のアメリカで証券アナリストとして活躍した、チャールズ・ヘンリー・ダウが提唱したマーケットの値動きなどに関する理論です。

重要なことは100年ってこと!100年です!

100年経っても、語られる王道的な理論。つまり、世界中のトレーダーが理解してないはずがない。

にも関わらず、素人のトレーダーはダウ理論を飛ばしてトレードで勝とうとする。

これは・・・無理ですよね。

ダウ理論は世界中のトレーダーの基準になっている

為替相場でも、株式相場や先物相場でも、世界中のトレーダーが、注目している基準。

それが、『ダウ理論』です。

トレードの世界で、こんな格言があります!

『トレードは美人投票』

一番多くのトレーダーが注目しているものが、値動きに反映されるものです。

それでは、一番多くのトレーダーが注目しているものとはなんでしょう?

【ローソク足】と【ダウ理論】です。

FXで、テクニカル分析と聞けば、インジケーターを重ね合わせたチャート分析(チャートリーディング)を連想される方が多いと思います。

もちろん、インジケーターは便利で、テクニカル分析する上で必要なものです。
勝ち組トレーダーの皆様もインジケーターを描写して、トレードを行っているはずです。

しかし、勝てるトレーダーは、その前に一貫した『基準』をもって、テクニカル分析やトレードをしています。
だから、トレードに迷いがないんです。

その『基準』こそ【ダウ理論】です。

『どんなインジケーターがいいの?』
『ベストなパラメーター(設定値)は?』

そんなことは二の次ってことです。

どうですか?【ダウ理論】って結構大切だと思いませんか?

それでは、さっそく【ダウ理論】を解説していきますね。

ダウ理論とは?わかりやすく簡単に解説

お悩みトレーダー
オレ、ダウ理論知ってますよー。あの難しいよく分からない説明でしょ〜。
エイク
確かに、説明が難しくて、取っ付きにくいですよね。
メンター
大丈夫です。

ダウ理論の意味は、とても単純で、シンプルなんだよ!

このダウ理論は、次の6つの基本法則から成り立っています。(分かりやすく簡単に解説するので、安心して読みすすめてください。)

  1. 平均はすべての事象を織り込む。(すべて市場価格に織り込まれる)
  2. トレンドには3種類ある。
  3. 主要トレンドはマーケットの動向によって3段階からなる。
  4. 平均は相互に確認されなければならない。
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない。
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

はい!よく分からない表現の理論ですよね。

大丈夫です。内容自体はとても単純ですので、これから解説していきますね。

6つの理論を読むのが面倒な方は、[分かりやすい簡単な解説]だけ読んでもらっても結構です。

①平均はすべての事象を織り込む

この言葉を訳すと『すべては市場価格に織り込まれる』ってことです。

経済指標・災害・企業業績だけではなく、テロや戦争のような突発的で、かつ予測不可能なことであっても、こうしたあらゆる出来事は、結局は全て『市場価格』に織り込まれているということです。
つまり、あらゆるファンダメンタルが反映された結果、マーケットで取引される「市場価格」はすべて成り立っているという法則です。

[分かりやすい簡単な解説]
極端に言ってしまえば、ファンダメンタルも、市場心理もすべて、市場価格(レート)に織り込まれている。
テクニカル分析が、ファンダメンタル分析もフォローしている。という法則です。
『チャートがすべて』ってことですね。

②トレンドには3種類ある

ダウ理論では、[主要トレンド][二次トレンド][小トレンド]の3つのトレンドに分類しています。
・ 主要トレンド 1年~数年のサイクル。
・ 二次トレンド 3週間~3ヶ月のサイクル。
・ 小トレンド 3週間未満のサイクル。

[分かりやすい簡単な解説]
大きな波の中に、中くらいの波があって、その中にも小さな波がある。
FX的に考えると、マルチタイムフレーム分析(長期・中期・短期)でトレードに活用できそうですね。

③主要トレンドはマーケットの動向によって3段階からなる。

1.「先 行 期(トレンド初期)」 少数の市場参加者が底値買いをはじめる段階。
2.「追 随 期(トレンド中期)」価格が上昇していくのを確認して、他の市場参加者が追随して買っていく段階。
3.「利食い期(トレンド終期)」先行期の市場参加者が、利益を確定し始める段階。

画像で確認してみましょう。

ダウ理論|3つの段階

[分かりやすい簡単な結論]
勝てる(上級者)トレーダーは「先行期」〜「追随期」にエントリーをしている。
負ける(初心者)トレーダーは「利食い期」にエントリーしている。

お悩みトレーダー
アッチャー・・・オレ、いつも利食い期でエントリーしてるわぁ〜。そりゃ、負けるわ・・・

相場は、市場心理や大衆心理で動いています。詳しくはこちらの記事で解説しています。

なぜ勝てるFXトレーダーは高値・安値にこだわるのか?|相場の力関係

④平均は相互に(2つの指標で)確認されなければならない

ダウ理論は、もともと株式市場で考え出された理論です。
ここでいう「平均」とは、平均株価のことです。
2つの株式平均のトレンドが確認されることで、明確なトレンドの形成が確認できるということです。

ですので、正直FXの世界では、非常に微妙です。

しかし、同じような理論をFXでも活用できます。
勝率アップや差益アップをしたければ、活用しなければいけません。

例えば、

ドル円 + 日経平均 =トレンド
ドルインデックス + ドルストレート =トレンド
ドル円弱気 + ポンドドル弱気 = ポンド円の超弱気

[分かりやすい簡単な解説]
相関関係(お互い影響のある関係)の強い指標や通貨で確認することで、明確なトレンド判断ができる。また、そのトレンドは、長くトレンドが続くってことです。

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない。

トレンドができて大きく動くときは、その変動に比例をして出来高も確認されなければいけない。
つまり、トレンドは出来高に比例するという理論です。

しかし、FX市場は、株式相場よりはるかに大きいので、出来高の把握はほぼできない。

ということで、FXではこの理論はスルー。

[分かりやすい簡単な解説]
FXでは、過熱感や失望感などを、チャートやローソク足から読み取るしかない。

⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

メンター
この法則は、とても大切!

環境認識から、手法、エントリーの根拠まで、この法則が使われているからね!

この理論こそ『ダウ理論の最も重要で、かつ核心的な部分です。』

トレンドが発生すると、明確なトレンド転換シグナルが発生するまで、トレンドは継続するという理論。

読んで字のごとし。

ダウ理論|トレンド転換シグナル

[分かりやすい結論]
明確なトレンドが確認できたら、トレンド転換シグナルが出るまでは、そのトレンドに追従(トレンドフォロー)していく。
特にFXは、他の市場に比べるとトレンドが継続しやすいので、この理論は、ダウ理論の中で最も大切な理論です。

さて、それでは、そもそもトレンドとはどういうものなのか確認しておきましょう。

FXの3つの相場|アップトレンド・ダウントレンド・レンジ

FXにはアップトレンド・ダウントレンド・レンジ相場の3つの相場が存在しています。

トレードで勝つためには、

『現在、どの相場にあるのか?を知ることにつきる。』と言っても過言ではありません。

買うのか?売るのか?それとも静観するのか?

これさえ分かれば、トレードは少し楽しくなってきます。

ダウ理論で定義されているトレンドの条件は、いたってシンプルで、かつ、かなり有効です。

大切なポイントですので、しっかりおさえておきましょう。

それでは、3つの相場の定義を解説していきます。

アップトレンドの定義

連続した高値・安値が、それぞれ前の高値・安値より切り上がっている状態。

これが、アップトレンドの定義になります。

正確には、『安値の切上がり、高値の切上がり』が確認できた時点でアップトレンドです。

それでは、画像をご覧ください。

ダウ理論|アップトレンドの定義

 

画像のように連続する高値・安値が切り上がっていれば、アップトレンドです。

点線①・・・アップトレンドの確定

点線②・・・アップトレンド継続の確定

アップトレンドが継続する限り、買いエントリーで追従していく。

ダウントレンドの定義

連続した高値・安値が、それぞれ前の高値・安値より切り下がっている状態。

これが、ダウントレンドの定義になります。

正確には、『安値の切下がり、高値の切下がり』が確認できた時点でダウントレンドです。

それでは、画像をご覧ください。

ダウ理論|ダウントレンドの定義

画像のように連続する高値・安値が切り下がっていれば、ダウントレンドです。

点線①・・・ダウントレンドの確定

点線②・・・ダウントレンド継続の確定

ダウントレンドが継続する限り、売りエントリーで追従していく。

レンジ相場の定義

レンジ相場とは、「保合い相場」や「ボックス圏」などの名前で呼ばれていることから分かるように、売りと買いが均衡状態になり、一定の値幅で、上下動している状態です。

それでは、画像をご覧ください。

ダウ理論|レンジ相場の定義

一定の値幅を上下動していますね。

しかし、レンジ相場は、過去のチャートで確認すればレンジ相場と分かりますが、リアルタイムではなかなか分からないものです。

上図をご覧ください。

①底値で反発⇒②上値で反発⇒③直近の安値付近で反発・・・この段階で、やっとレンジ相場かも?疑い始める。しかし、まだレンジ相場だという確信は持てません。

④再度、直近の高値付近で反発・・・この段階でレンジ相場が確定します。

⑤2度反発が確認されているので、底値付近で買いエントリーを検討。

⑥2度反発が確認されているので、上値付近で売りエントリーを検討。

⑦ブレイク・・・いつ、どのタイミングでブレイクするのかは分からない。

レンジ相場は、『一定の値幅』であったり、『上値・底値付近』など、あいまいな言葉で表現しなければいけません。

定義は分かるが、明確なシグナルがないので、裁量判断が求められます。

ですので、レンジ相場に自信がなれば、見送ることがベターです。

それ以外の相場は?

アップトレンドとダウントレンド、レンジ相場の3つを紹介しましたが、他にも違う相場状況はあるのでしょうか?

『あります!』

【よく分からない相場】です!

お悩みトレーダー
なんじゃそりゃー!!!
エイク
僕は、【よく分からない相場】を知って、【待つ】ということを覚えたよ!

【よく分からない相場】と聞いて、『何それ?』って思われるかもしれませんが、そのようなよく分からない相場状況で、エントリーするから負けてしまうんです。

7〜8割が、レンジ相場とよく分からない相場で、構成されています。

『待つも相場』(待っているのもトレードの一部だよ!)

この格言からも分かるように、ダウ理論を理解しているトレーダーは、分からない相場には絶対に手を出しません。

だから、利益が残っていくんです。

『よく分からない相場』って大切でしょ!

トレンド相場のエントリーポイント

最後に、ダウ理論を活用して、どのようなポイントでエントリーをすることができるのか? 解説していきます。

ダウ理論⑥『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する』を覚えているでしょうか?

明確なトレンドが分かれば、それに追従してエントリーをしていく!でしたね。

それでは、画像をご覧ください。

ダウ理論|トレンド時のエントリーポイント

アップトレンドですね。

付箋a~d をペタッと貼り付けてます。

まずは、

a.安値は切り上がっていますが、まだ高値は切り上がってませんね。アップトレンドとまだ定義できないので、ここは、ノーエントリー。

b.安値を切り上げて、付箋bのポイントでアップトレンド確定です。点線①ブレイクで、アップトレンド確定したことを根拠に、買いエントリーできます。

c.高値安値の切上げが確認できているので、明確なアップトレンドが発生しています。反発を確認後に付箋cで押し目買いができますね。

d.アップトレンド中に高値を更新したので、アップトレンド継続が確定。点線②ブレイクで、アップトレンド継続が確定したことを根拠に、エントリーできます。

エントリーポイントをまとめておきます。

・付箋a⇒ノーエントリー

・付箋b,付箋d⇒アップトレンド確定で、ブレイクエントリー

・付箋c⇒アップトレンド中の調整(安値Aまで)で、押し目買いエントリー

基本的には、上記にあるエントリーポイントがトレンドフォローの基本になります。特に付箋cを見つけることができれば、利益は間違いなく残っていくはずです。

まとめ

損小利大のトレードスタイルは色々ありますが、トレンドフォローが一番簡単で値幅も伸ばせます。

トレンドフォローを理解するためには、まず、ダウ理論を理解しなければいけません。

特に、

  1. 平均はすべての事象を織り込む。(すべて市場価格に織り込まれる)
  2. 主要トレンドはマーケットの動向によって3段階からなる
  3. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

FXでは、上記の3つがとても大切です。

過去チャートでも良いので、ダウ理論を意識して眺めてみてください。

トレードレベルがグンっと上がりますよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください