FXのルールの決め方と作り方!一緒に作れるサンプルルールも公開

FXのトレードルール

「トレードルールって、具体的にどういったものなの?」

「トレードルールってどうやって作ったらいいの?」

多くのFX関連書籍や教材には、トレードルールの重要性が必ず書かれていますが、FXをはじめて間もない方であれば、分からないことだらけだと思います。

でも、大丈夫です。

トレードする上でのルール作りには、ある程度の決まった作り方があるので、この記事で紹介していきます。

勝ち続けているトレーダーたちは、必ず自分のルールを持っています。

そして、そのルールに沿ってトレードを繰り返しているんです。

そこで、この記事では、

  • トレードルールの意味と必要性
  • トレードルールの基本と概要
  • トレードルールの作り方
  • サンプルトレードルール

を解説しています。

自分のトレードルールを構築できれば、初心者卒業です。
さらに、トレードルールの構築方法が分かれば、いつでも他の手法を自分でカスタマイズできるようになります。

あとは、そのルールを検証して、利益につながることが分かれば、淡々とトレードを繰り返していくのみ!

この記事があなたのトレードスキルの向上のお役に立てれば幸いです。

トレードルールとは?

FXのトレードルールとは、

「ある決まった相場状況になった時に、エントリーして、ポジションを作る。」
「ある決まった相場状況になった時に、決済して、利益を獲得するか、あるいは損切りをする。」

といった一連の動作のことです。

そして、長期的に安定した利益を生み出すことができるルールを構築できれば、そのルールに沿って淡々とトレードしていきます。

つまり、FXは、ルール作りで勝負はある程度決まっているということです。

なぜFXにトレードルールが必要なのか?

FXで利益を残しているトレーダーは、必ず自分のトレードルールを持っています。

それでは、なぜトレードルールが必要なのでしょうか?

以下の3つの理由があげられます。

  • 必要性①|感情に左右されないため
  • 必要性②|ある程度裁量を排除するため
  • 必要性③|勝てると確信するため

必要性①感情に左右されないため

トレードルールを持つ最大の理由は、『感情に左右されない一貫性のあるトレードをするため』です。

どうしても、チャートを見ているとトレードしたくなるものです。

相場の上げ下げで一喜一憂してしまい、むやみにエントリーして、結局、高値安値掴み。
結局、損失を膨らましてしまう結果となります。

例えば、相場が急激に上昇たら、「稼ぎ損ねた!」と思い、急いでエントリーしてしまいます。

しかし、相場はすぐに逆行してしまい、高値掴みとなってしまい、最終的には損切り。
損切りできれば良いのですが、含み損を持ったままで塩付け状態・・・

こういった経験はないでしょうか?

トレードルールを持つことで、このようなことが起こらなくなります。

必要性②ある程度裁量を排除するため

ふたつめの理由に、ある程度裁量を排除するためです。

「上がりそう」「下がりそう」とどうしても、予測してしまします。

そんなものは、神のみぞ知る!です。

どんな上級トレーダーでも未来を予測することはできません。

しかし、分析することは可能です。

冒頭でも記述していますが、プロトレーダーは、ある決まった相場状況になったときのみトレードしていきます。

そのある決まった相場状況をルール化していけば、

「上がりそう」「下がりそう」などと言った無駄な感情に左右されなくなります。

必要性③勝てると確信するため

トレードルールが必要な3つ目の理由に、『勝てると確信するため』です。

トレードを繰り返すと、必ず「迷います」「不安になります」「恐怖を感じます」

なぜか?

『最終的に勝てると確信していないからです!』

トレードルールを構築することで、自分のトレードに確信を持てるようになります。

ルールができれば、過去検証ができます。

過去検証をもとに、自分のトレードルールが利益が残るものなのか?そうでないのか?分かります。

最終的に利益が残ることが分かれば、数回損切りになっても「不安」や「恐怖」を感じなくなります。

いかがでしょうか?トレードルールって大切でしょ!

それでは、次に具体的にトレードルールの内容の解説をしていきますね。

FXのトレードルールの基本と概要

FXのトレードルールの基本となるものは、以下の7項目になります。

  • ①資金管理
  • ②トレードの時間帯
  • ③相場状況
  • ④エントリーと決済
  • ⑤損切り
  • ⑥記録
  • ⑦その他

それぞれの項目の簡単な概要を解説していきます。

①資金管理

FXは必ず余剰資金で行うようにしましょう。

余剰資金とは、無くなってもいいと思えるほどの資金のことです。

生活費の一部や借金したお金など、決して資金として投入したりしないで下さい。

感情的にトレードすれば、正しい判断ができなくなります。

資金に余裕がない方は、海外口座を利用する。(10万円もあれば、ある程度トレードできます。)
ハイレバレッジが怖い方は、国内口座を利用する。

取引量は、自分の精神的に耐えられる量で行うことをお勧めします。

②トレードの時間帯

トレード時間をあらかじめ決めておくことで、気分でトレードするということがなくなります。

1)自分のライフスタイルによって決める

専業主婦であれば、午前から夕方までの日本市場の9:00~15:00
サラリーマンであれば、欧州市場の16:00~24:00

など、自分のライフスタイルにあった時間帯を選びましょう。

無理してFXをすると、必ずFXがストレスになります。
ストレスを感じながらのトレードで、いい成績は残せません。

2)トレードスタイルで決める

また、トレード時間は、トレードスタイルによってさらに細かく設定できます。

スキャルピングであれば、22:00~24:00
デイトレードであれば、16:00~24:00
スイングトレードであれば、一日数回のチャートチェック

など、設定することができます。

③相場状況

『相場分析は手法を勝る』

手法以上に相場分析が大切ということです。

勝てるトレーダーは、必ず相場を選びます。

相場がどのような状態になれば、トレードするのか?
相場がどのような状態であれば、見送るのか?

一定のルールを決めておきます。

④エントリーと決済

どこでエントリーして、どこで決済するか。
手法的なものがこれにあたります。  

例えば、
ローソク足が移動平均線をクロスすると買い(売り)エントリー、
オシレーターが、あるレベルに達したら、買い(売り)エントリー
などです。

決済ルールは、
直近高値(安値)で決済。
ボリンジャーバンドの2σで決済。
などです。

もちろん、もっと詳しくルール化します。(次の章で詳しく解説)

ポイントは、どれだけ優れた手法でも、複雑にしないことです。

これから千回万回と繰り返すトレードですので、分かりやすく間違えないルールにすることが重要です。

また、手法も自分に合うあわないがあります。

自分にあった手法に構築していきましょう。

⑤損切り

損切りは、FXをする上での経費と考えて、必ずルール化して設定しましょう。

FXはリスクを取らなければリターンがないんです。
つまり、負けなければ勝てないゲームなんです。

大切なことは、上手く負けながら利益を残すことです。

「いつかは価格が戻ってくるだろう」なんてことを考えて、マイナスポジションを抱えたままにしておくと、その時点で、トレードではなくなり、正にギャンブルになってしまいます。

エントリーをする前に、必ず損切りポイントを決めておきましょう。

損きりの考え方はいろいろあります。

◇Pipsで決める⇒20Pips上がったら(下がったら)損切りする。
◇損失額で決める⇒資金の2%マイナスになったら損切りする。
◇撤退ポイントで決める⇒直近高値(安値)を超えたら損切りする。

など、いろいろあります。

私がおすすめなのが、2%ルールです。
2%については、【FXの正しい資金管理方法!瞬時に2%ルールを計算するエクセル付き】で分かり易く解説しています。

⑥トレード記録

トレード記録をつける習慣はとても大切です。

『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』
名将野村監督のことばです。

負けトレードと勝ちトレードには、必ずパターンがあります。
過去トレードを振り返り、自分がなぜ勝てたのか、なぜ負けたのか?分析しましょう。

そこから、ノーエントリールールや鉄板ルールができ上っていきます。
すると同じ手法でも、勝率や利益率に違いが出てきます。

同じ手法でも人によって、精度が違うのはこのためです。

トレード記録は、

  • 日時
  • 通貨ペア
  • 手法
  • 取引量
  • 相場状況
  • エントリー時の状況
  • 利確時の状況
  • 損切り時の状況
  • トレード時の感情
  • トレードの自己採点

などを記録として残します。

トレード記録で大切なことは、継続することです。

継続できなければ、全く意味がありません。

ですので、続けられるレベルの内容にしましょう。

また、PCで記録するのか?手書きがいいのか?チャートをプリントアウトして書き込むのか?

自分にあった記録の付け方を見つけましょう。

⑦その他のトレードルール

その他のトレードルールとは、マイルールのことです。

◇3連敗したら、次の日はトレードを控える。
◇資金の20%を割り込んだら、検証をやり直す。
◇朝6時に起きて、チャート分析をする。
◇今日の指標発表を確認する。

などの、マイルールやルーティンワークを設定しましょう。

FXのサンプルトレードルールと作り方

それでは、FXのトレードルールの基本となるもの7項目をベースに、トレードルールを作っていきましょう。

これより、トレードルールの作り方とサンプルを解説していきますが、同時にご自身の手と頭を使ってトレードルールを一緒に構築してください。

①資金管理のサンプルルール

まずは、どれくらいの資金でトレードをするか決めていきます。

余剰資金はいくらなのか?

海外口座なのか国内口座なのかで、取引できるロット数が変わってきます。

次に、トレードする時の取引量をどのくらいにするか決めます。

例)
・自己資金:50万円
・海外口座:XM
・レバレッジ:400倍
・取引量①:50万円までは、0.5ロット以内/その後、自己資金+10万円ごとに、0.1ロット増やす。
・取引量②:損切りルール2%の応じてロット数を決定する。

オススメは取引量②のルールです。

②トレードの時間帯のサンプルルール

トレード時間のルールは、

・ライフスタイル(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード)
・トレードスタイル(主婦・サラリーマン・自営業・年金生活・フリーターなど)

を考慮して、自分に最適な時間帯を決めましょう。

例)
・スキャルピング(エントリー基準足は5分足)
・トレード時間:平日の帰宅後21時~24時まで
・24時以降もポジションを持っている場合は、必ず損切り設定をしておく。

③相場状況のサンプルルール

トレード手法にあった最適な相場状況を設定しましょう。

例)
・トレンドフォローなので、上位足のトレンドが揃ったときのみトレードを行う。
・4時間足1時間足がアップトレンドの時は、買いエントリーのみ
・4時間足1時間足がダウントレンドの時は、売りエントリーのみ
・トレンドの把握は、すべてダウ理論で分析する。

④エントリーと決済のサンプルルール

専門書や教材などで、自分の腑に落ちて、検証結果から良い成績の手法をルール化して下さい。

特に大切なことは、自分にあった手法かどうかです。

とにかく、簡単な方法は、成功しているトレーダーの手法をルール化することです。

エントリーと決済のルールは、1つだけではなく、いくつかパターンを用意してルール化しても良いと思います。

例)
・エントリールール:直近の高値(安値)を超えたらエントリーする
・決済ルール:移動平均線を割ってきたら決済する
・分割決済ルール:リスクリワード比1:2または、直近高値まで価格が達したら、半分決済する。
・建値ルール:分割決済まで価格が到達したら、逆指値を建値まで引き上げてリスクをなくす。

⑤損切りのサンプルルール

ベテラントレーダーは、必ず損切りルールを持っています。

しかし、損切りルールもたくさんパターンが存在します。

先述にもありましたが、

◇Pipsで決める⇒20Pips上がったら(下がったら)損切りする。
◇損失額で決める⇒資金の2%マイナスになったら損切りする。
◇撤退ポイントで決める⇒直近高値(安値)を超えたら損切りする。

など、いくつものパターンが存在します。

このあたりは、自分にあった損切りの設定をルール化して下さい。

しかし、損切りポイントは、基本的にエントリーした根拠が崩れたポイントでなければいけません。

最もロジカルで、撤退する根拠が持てる損切りルールは、2%ルールです。

損切りポイントを決めたあとに、ポジションサイズを決定するので、とても利にかなった損切りルールになります。

2%ルールについての解説
【FXの正しい資金管理方法!瞬時に2%ルールを計算するエクセル付き】で分かり易く解説しています。

⑥トレード記録のサンプル

トレード記録は、可能な限りその時の相場状況を振り返りながら、自分が行ったトレードの検証を、文字として残して下さい。

記録をつけることによって、自分がルール通りトレードしているかどうか、客観的に見ることが出来ます。

例)
◇2019年1月7日20:50~21:38
◇通貨:GBPJPY
◇獲得Pips:26Pips

【相場環境】
◆4時間足・1時間足共にダウ理論はダウントレンド。移動平均線は下向きにパーフェクトオーダー。
◆15分足では、短期移動平均線が上向き、中長期の移動平均線は下向き又は水平

◇エントリー:直近安値とサポートラインを割った所でエントリー
◇損切り設定:直近高値
◇利確:次のサポートラインで反発し、短期移動平均線を割ってきたので利確

【反省】
ルール通りにトレードできた。中期的なトレンドも終焉気味だったので、サポートラインで分割決済するべきだった。

⑦その他のサンプルルール

・トレード前は指標発表を確認する。
・3連敗したら、次の日はトレードを控える。
・資金の20%を割り込んだら、検証をやり直す。

・家族や友人との約束がある場合はトレードしない。
・酒を飲んだ日は、絶対トレードをしない。

・トレードルールを破ったら、今月はトレード禁止。

以上で、FXのトレードルールの作り方の解説を終わります。

初心者であればあるほど、トレードルール必要なものになります。

しかし、初心者であればあるほど、軽視しがちなのもトレードルールです。

この記事を参考に、是非、一度自分のトレードルールをノートにまとめてみてください。

FXのトレードルールの運用について

今まで、FXをするうえでのトレードルールの作り方や考え方を解説してきました。

最後に、トレードルールの運用について解説しておこいうと思います。

そもそも、トレードルールとは、勝てる手法を、規律を守って行うために作ります。

個人トレーダーは、良くも悪くも自由です。

誰かに指示を出されるわけでもなく、叱られることもありません。

しかし、ディーリングルームで、お客様の資金を運用してトレードしているサラリーマンはどうでしょうか?

ルールが守れなければ、ペナルティが必ず待っています。
というか、必ずマネージャーが管理しているので、必然的に規律が守られる仕組みになっています。

そう、プロはルールの中にあるのです。

プロでも、ルールの中でトレードしているのに、私たちは、ルールを自由にやぶることができるんです。

規律を守るために作ったトレードルール。

それを守る強さを持ってください。

自分に厳しくならなければ、FXは簡単にあなたを支配しようとしてきます。

慣れるまでは、毎回トレードルールを見る。
PCの前に置いておく。

などして、自分を律してFXに取り組みましょう。

それができた時、あなたは、ベテラントレーダーの仲間入りです。

まとめ

個人トレーダーが、難しいところは自由度があることです。

感情的にトレードをしないためにも、是非、自分のトレードルールを構築してください。

最初はめんどうかもしれませんが、その後は良いことしかありません。

だまされたと思って、この記事の通りにマイルールをまとめてみてください。

誰もがめんどくさくてやらないことを、勝ち組たちは進んでやっているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください