MT4の引っ越し!複数PCや複数MT4にチャートを移動させる方法

MT4の引っ越し!複数PCにチャートを移動する方法

『今までのMT4のチャート設定を、新しいMT4へ移動したい!』

『新しいPCにMT4はインストールはしたけど、再度チャート設定するのが面倒だ・・・』

 

新しいPCや新しいブローカーでMT4をダウンロードしたときに、一からチャート設定するの面倒くさいですよね。

実は、2~3分もあれば、誰でも簡単に旧MT4のチャート設定を、新しいMT4にお引越しすることができるので、安心してください。

ということで、今回は、MT4のチャート設定の複製、同期する方法をSTEP by STEPでわかりやすく解説していきますね。

また、加えて、チャート設定(お引越し)するうえでの注意点や、組表示の移動も解説していきますので参考にしてください。

この記事でお引越しができる項目
①インジケーター

②チャート設定(オリジナルテンプレート)

③現在のチャート画面

この記事が、あなたのMT4トレードのお役に立てれば幸いです。

MT4の引っ越し(同期)が必要なとき

まず、MT4の引っ越し(同期)が必要なときってどんなときが考えられるでしょうか?

MT4の引っ越しの理由
・新しいPCを購入したとき。
・ノートPCなどにMT4を導入したとき。
・新しいFX会社(ブローカー)のMT4をインストールしたとき。
・VPSデスクトップなどで、マイアカウントだが、もうひとつのMT4を運用する場合。

今まで私も、何度もMT4をダウンロードして、各種データを移動させてきました。

そのときの経験から、あなたがMT4の引っ越しが必要な理由は、以上のパターンだと思います。

MT4に慣れると、すべてのデバイスにMT4をインストールして使いたくなります。

もちろん、MT4をインストールした回数だけ、チャート設定もしなければいけません。

でも、慣れれば、2~3分もあれば、誰でも簡単にMT4のお引越し(同期)をすることができるので、安心してください。

MT4の引っ越し(同期)するときの準備と注意点

それでは、MT4の引っ越し(同期)するときの準備と注意点を解説していきますね。

準備①

初めてMT4のお引越しする方は、しっかり準備していきましょう。

まず、はじめに、何を新しいMT4に移動させたいのか?を決めておきましょう。

MT4に引っ越しさせる項目
①インジケーター

②チャート設定(オリジナルテンプレート)

③現在のチャート画面

準備②

必ずカスタムインジケーターを移動するので、どのカスタムインジケーターを移動するのかピックアップしておいてください。

※既存で導入されているインジケーターは移動しなくても大丈夫です。移動するのは、カスタムインジケーターのみです。

注意点

注意点がひとつだけあります。

準備②でも解説していますが、表示させたいカスタムインジケーターは必ず移動すること。

チャート設定だけ移動できても、カスタムインジケーターも同時に移動しないと、ちゃんとチャート表示されません。

『チャートを移動したのに、今まで通りのようにチャートが表示されない。』

ってことになります。

同じPC内のMT4へ引っ越し(同期)する手順

さて、準備ができたところで、さっそくMT4のお引越しをしていきましょう。

MT4の引っ越しと同期の手順

この記事では、同じPC内にあるMT4へ引っ越しするパターンを解説していきます。

違うPCのMT4は最後の項目で解説していますが、ほぼ同じなのでこのまま記事を読み進めてください。

FXDDの[MT4]⇒ XMの[MT4]へ

①カスタムインジケーター

②チャート設定(オリジナルテンプレート)

③現在のチャート画面 

を移動していきます。

[① インジケーターの移動⇒ ②チャート設定(テンプレート)の移動 ⇒ ③現在のチャート画面の移動] の順序で、引っ越しを進めれば問題なく、新しいMT4にチャートの移行ができます。

それでは、次の項目からMT4の①~③の引っ越し手順を分かり易く解説していきますね。

この記事では、FXDDからXMのMT4への引っ越し手順を解説していますが、どのMT4でも手順は同じです。 

①MT4インジケーターのお引越し

はじめに、MT4インジケーターの引っ越しの解説をしていきます。

STEP1 MT4からインジケーターを取り出す

まずは、画像をご覧ください。

MT4インジケーター引っ越しの解説

まずは、旧MT4から、カスタムインジケーターをコピーして、取り出します。

以下の手順でカスタムインジケーターを取り出しましょう。

①MT4のメニューバーより[ファイル]を選択してください。

②プルダウンメニューより[データフォルダーを開く]を選択します。

③[MQL4]ファイルを開きます。

④[Indicator]ファイルを開きます。

⑤[Indicator]ファイルにあるカスタムインジケーターのみをコピーしましょう。

MT4インジケーターの引っ越し②
コピーしたインジケーターはデスクトップなどに張り付けて、分かり易い場所に保存しておきます。 

簡単ですね。

STEP2 引っ越し先のMT4にインジケーターを追加する

次は、取り出したインジケーターを新MT4に追加します。

MT4インジケーター引っ越し

旧MT4から取り出したカスタムインジケーターを、引っ越し先の新MT4に追加していきます。

まずは、移動したいMT4を立ち上げておきましょう。

①MT4のメニューバーより[ファイル]を選択してください。

②プルダウンメニューより[データフォルダーを開く]を選択します。

③[MQL4]ファイルを開きます。

④デスクトップに保存しておいたインジケーターをコピーします。([インジケーターの上にマウスを移動>右クリック>コピー])

⑤[Indicator]ファイルに張り付けたら、インジケーターのお引越し完了です。([Indicator]上にマウスを移動>右クリック>張り付け)

補足
インジケーターを利用する場合は、MT4の再起動が必要です。

以上で、MT4インジケーターの引っ越し作業は終わりです。

とても簡単でしたね。

②定型チャート設定(テンプレート)の引っ越し

次に、よく利用する定型チャート設定を移動します。

いつも利用しているチャート設定は[定型チャート]としてMT4に保存できます。

定型チャートの解説
定型チャート設定とは
『定型チャート』の設定とは、いつでも同じ設定で、チャート画面を複製させるための設定です。一度、設定を保存しておくと、アイコンからワンクリックで、定型チャートを呼び出すことができる便利な設定機能です。

STEP1 定型チャート(テンプレート)を設定する

Mt4定型チャート設定の引っ越し

それでは、旧MT4で定型チャートの設定をしておきます。

既に定型チャート設定が完了されている方は、この項目は飛ばして、STEP2定型チャート設定(テンプレート)を取り出す]に進んでください。

①アイコン[定型チャート設定]をクリックします。

②[定型として保存]をクリックします。

③定型チャートに名前を付けます。ここでは、『MT4お引っ越し』という名前にしてあります。

④[保存]をクリックすると、完了です。

再度、アイコン[定型チャート設定]をクリックすると、『MT4お引越し』が表示されました。

『MT4お引越し』をクリックすると、いつでも同じチャート設定にすることができます。

STEP2 定型チャート(テンプレート)を取り出す

MT4定型チャートの移動

それでは、旧MT4の[定型チャート]の設定を、新MT4に移動していきます。

①メニューバーより[ファイル]を選択してください。

②[データフォルダを開く]をクリックします。

③[templates]をクリックして開きます。

④すると、先ほど保存した[MT4お引越し]ファイルがあるので、コピーします。

⑤コピーした[MT4お引越し]ファイルは、デスクトップなど分かり易い場所に保存しておきます。

STEP3 引っ越し先のMT4に定型チャート(テンプレート)を追加する

旧MT4から取り出した、定型チャート(テンプレート)ファイルを新MT4へ移動します。

MT4定型チャート(テンプレート)の引っ越し

①移動先の新MT4を立ち上げてください。

②メニューバーよりMT4左上[ファイル]>[データフォルダを開く]を選択します。

③次に、デスクトップに保存しておいた定型チャート(テンプレート)ファイルをコピーします。

④[templates]フォルダーに張り付けます。

以上で、定型チャート(テンプレート)の引っ越し完了です。

③現在のチャート画面をまるごと引っ越し

最後に、現在のチャート画面をまるごと引っ越しさせます。

MT4の引っ越しの総仕上げです。

②の定型チャート(テンプレート)と何が違うのかというと、定型チャートはひとつのチャート画面の設定でした。

しかし、現在のMT4画面は、複数のチャート画面が表示されていると思います。

こんな風に・・・

MT4引っ越し

これは、GBPUSDの日足から15分足までのチャートです。

いつでも、このようにGBPUSDチャートを呼び出したいときは、[チャートの組表示]という便利な機能があります。

[チャートの組表示]を利用すると、現在のチャート画面のまま、まるごとごっそり移動先の新しいMT4へ引っ越しすることができます。

引っ越し時だけじゃなくても、利用することがあるので、今回を機に是非覚えておいてください。

それでは、解説をはじめますね。

STEP1 チャートの組表示を設定する

MT4のチャートの組表示の設定

 

まずは、旧MT4で、チャートの組表示を設定します。

①アイコン[チャートの組表示]をクリックします。

②[名前を付けて保存]を選択してください。

③チャート画面に名前を付けます。今回は、[MT4お引越し]と入力してみます。

④[OK]で設定完了です。

再度、アイコン[チャートの組表示]を選択すると、[MT4お引越し]という項目が増えているはずです。

[MT4お引越し]をクリックすると、いつでも現在のチャート画面を表示することができるようになります。

STEP2 チャートの組表示を取り出す

MT4チャート組表示を取り出す方法

①MT4メニューバーより[ファイル]をクリックします。

②[データフォルダを開く]を選択してください。

③[profiles]フォルダーを開きます。

④すると、先ほど設定した、チャートの組表示[MT4お引越し]フォルダーがあると思います。

この[MT4お引越し]フォルダーをコピーします。

⑤先ほどコピーした[MT4お引越し]フォルダーをデスクトップなど分かり易い場所に保存しておきます。

STEP3 引っ越し先のMT4にチャートの組表示を追加する

MT4のチャート組表示の引っ越し

①移動先のMT4を立ち上げてください。

②移動先の新MT4のメニューバーより

[ファイル]>[データフォルダを開く]を選択します。

③デスクトップに保存しておいた[MT4お引越し]フォルダーをコピーします。

④コピーした[MT4お引越し]フォルダーを[plofiles]へ張り付けてください。

以上で、チャートの組表示の引っ越し完了です。

引っ越し先のMT4にチャートを表示してみよう

MT4の引っ越しを確認する

最後に、引っ越し先のMT4にちゃんと、チャートが移動できているか確認してみましょう。

①まずは、引っ越し先のMT4(ここでは、XM)を立ち上げてみましょう。(もしくは、再起動してみましょう。)

②アイコン[チャートの組表示]をクリックします。

③[MT4お引越し]をクリックすると・・・・

『はい!全く同じチャート設定が表示されましたね!』

この記事では、

①カスタムインジケーターの引っ越し

②チャート設定(テンプレート)の引っ越し

も解説しているので、引っ越し前のMT4と全く同じ設定になっているはずです。

違うPCのMT4へ引っ越しする手順

最後に、違うPCのMT4への引っ越しする手順を解説します。

今まで、同じPC内でのMT4への引っ越し手順を解説してきましたが、実は、ほぼ同じです。

MT4の引っ越しは、各種データを移動をすることで、同じチャート設定になったと思います。

この各種データの移動をどのようにするかを以下にまとめておきます。

・USBメモリー

・ドロップボックス

・グーグルドライブ 

こちらは、あなたの好みがあると思いますので、便利で分かり易い方法で、旧MT4から引っ越し先の新MT4へデータを移行してください。

あとは、全く同じ手順で引っ越し完了です。

まとめ

MT4の使い方で分からないことがあれば、

ブックマーク!【MT4の使い方!永久保存版|たった1記事で初心者でも完全理解!】

で、すべて解説していますので、参考にしてください。

MT4の引っ越しは、大変そうで実はとても簡単です。

一度、MT4の引っ越しを経験すると、データの移動方法や、チャートの設定方法など、随分と理解が深まります。

是非、この記事を参考にMT4の引っ越しを完了させてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください