VPS徹底比較|MT4を24時間稼働させる理由をFX初心者にも分かり易く解説

MT4が使えるVPSを徹底比較

『パソコンを閉じても、MT4のシグナルアラートやメール通知を受け取りたい。』
『出先で、スマホ版MT4ではなく、PC版MT4で詳しくチャートを確認したい。』
『スマホやタブレットでPC版のMT4を操作したい。』
『外部のPCで自分のMT4にアクセスしたい。』

どんな場所にいてもMT4にアクセスできて、どんな時でもシグナルやアラート、メール通知を受け取りたい。

そんなことができれば、チャンスをしっかり捉えて機会損失ということにならずにすみますよね。

MT4をお使いの方であれば、このような悩みを一度はお持ちになったのではないでしょうか?

実は、スマホやタブレット、外部のPCでも、ご自身の設定したMT4にアクセスすることができるんです。
また、自宅のPCの電源をOFFにしていても、サインツールのシグナルやメール通知も、しっかり受け取ることができます。

『VPS(リモートデスクトップ)』というサービスですべて解決します。

私も昔、トレード仲間から教えて頂き、非常に便利なので何年も利用しています。

ということで、今回は『VPS(リモートデスクトップ)』とは一体どのようなものなのか?解説していきますね。

さらに、

  • VPSのメリットは?
  • どのように使えば有効的なのか?
  • VPSの始め方
  • VPS各社徹底比較

についても詳しく解説していきます。

この記事が、あなたのトレードライフの向上のお役に立てれば幸いです。

オススメのVPS【お名前.com デスクトップクラウド for FX】

 

VPSは24時間MT4を稼働させることができる

VPS(Virtual Private Server)とは、サーバー上の仮想化された仮想デスクトップのことです。

難しいことはありません。

簡単に説明すると、24時間いつでもアクセスできるPCを、一台レンタルすることができる有料サービスのことです。

補足|VPSの価格帯

サーバーを提供する会社にもよりますが、有料とはいっても、月額2,000円程度あれば十分です。

1日缶コーヒー1本もしない価格でこのサービスを使えます。

自分専用の仮想PCですので、好きなソフトやアプリケーション、またデータ保存までできてしまう、とても便利なサービスです。

つまり、24時間、Windowsが稼働しているということは、24時間MT4を稼働させれるということです。

イメージ図はこんな感じです。

VPSの解説

MT4を利用しているトレーダーにとって、『VPS』の一番の強みは、

自宅のPCが『OFF』の状態でも、VPS上のデスクトップにMT4をインストールして、稼働させておけば、24時間MT4が稼働させることができることです!

さて、24時間PCを稼働させれる。24時間MT4を稼働させれる。

ということは、MT4を利用するうえで、多くのメリットがあります。

それでは、どのようなメリットがあるのか解説していきますね。

VPSでMT4を稼働させる5つのメリット

VPSは、仮想デスクトップでしたね。
仮想デスクトップにMT4をインストールしておけば、24時間MT4が稼働することになります。

24時間MT4を稼働させると、以下の5つのメリットがあります。

※私がVPSを便利だと思う優先順に紹介します。

  1. MT4のシグナルやメールを24時間いつでも受け取ることができる。
  2. どこにいてもPC版のMT4で詳しい相場分析をすることができる。
  3. スマホやタブレット、外部のPCからでも自分のMT4にアクセスできる。
  4. 費用の節約と様々な事故への対応。
  5. EAを稼働。

MT4のシグナルやメールを24時間いつでも受け取ることができる

MT4で、サインツールのシグナルをメールで通知する便利機能があります。
私も、出先で、前もってエントリーセットをしたいので、毎朝、注目通貨だけ、シグナルのセットをしてから外出しています。

しかし、読者様から、
『MT4のメール通知ができません』
たまに、このようなお問い合わせを頂きます。

初めて、MT4をお使いの方であれば、分からなくて当然だと思います。

MT4のメール通知機能は、MT4が起動していないと、アラートも点灯しなければ、当然メールも飛ばないんです。

ご自宅のMT4を閉じてるのに
『メール通知ができない』
とお困りの方がいたので、今回の記事を書くきっかけになりました。

VPSのMT4に、あなたのサインツールを設定しておけば、24時間どこにいてもメールでチャンスを知らせてくれます。

どこにいてもPC版のMT4で詳しい相場分析をすることができる

VPSで、MT4を稼働させる2番目のメリット。
『どこにいてもPC版のMT4にアクセスできる』ことです!
このメリットもトレーダーとして、とても大きな強みになります。

まず、トレードするうえで、以下のような悩みを考えたことはないでしょうか?

『独自のカスタムインジケーターやサインツールが導入されたチャートをいつでも確認したい。』
『スマホ版MT4より、操作性や機能が優れているPC版のMT4に出先でアクセスしたい。』
『時間をかけて相場分析したチャートを、いつでも確認したい。』

どうでしょう?
結構『あるある』ですよね。

MT4を使っている時点で、ほとんどのトレーダーが、独自のカスタムインジケーターやサインツールを使っているはずです。
スマホ版のMT4は便利ですが、さすがにカスタムインジケーターは導入できないですし、サインツールなどはもちらん導入できません。

カスタムインジケーターやサインツールを使用していなくても、スマホ版MT4はPC版のMT4ほど、操作性や機能は優れていません。
それを理由に、スマホ版MT4ではなく、PC版のMT4を出先で確認したい方も多いのではないでしょうか。

さらに、時間をかけて相場分析したチャートも、出先で確認できなければ、どこにサポレジをひいて、どこにフィボナッチをひいたのか?エントリーポイントはどこだったのか?分からなくなってしまいます。

便利すぎるMT4を使った方が、まず思うこと、

それは、
『出先で、自分が設定したチャートにアクセスしたい!』
そうお考えの方が多いのではないでしょうか?

はい。これもVPSでMT4を立ち上げていればすべて解決します。

特に、お勤めの方、出張がよくある方、海外旅行される方などは、VPSの便利さを強く感じられるのではないでしょうか。

VPSでMT4を稼働させると『どこにいてもPC版のMT4にアクセスできる』メリットをまとめておきます。

  • 独自のカスタムインジケーターやサインツールが導入されたチャートを確認することができる。
  • スマホ版MT4より、操作性や機能が優れているPC版のMT4にアクセスすることができる。
  • 時間をかけて相場分析したチャートを、いつでも確認することができる。

スマホやタブレット、外部のPCからでも自分が設定したMT4にアクセスできる

VPSをスマホやタブレットでアクセス

VPSを使ってMT4を稼働させると、『どこにいてもPC版のMT4にアクセスできる』ことが分かりましたよね。
それだけでも、非常に便利な機能なんですが、実は、VPSは、自宅のPC(パソコン)以外のデバイスからアクセスすることができるんです。

このメリットも私たちにとって大きな強みです。

それでは、自宅のPC以外に、VPSのMT4にアクセスすることができるデバイスを紹介します。

  • スマートフォン
  • タブレット
  • ノートパソコン
  • 外部のPC

ネットにつながるものであれば、全部です。

特に、MT4トレーダーとして『スマートフォン』や『タブレット』でPC版のMT4にアクセスして操作できるのは、大きな強みですね。

お仕事でノートPCをお持ちの方もいるでしょう。私もノートPCを持ち歩いてます。
しかし、ノートPCにMT4は入っていますが、ノートPCのMT4チャートには相場分析などしていません。
ノートPCにMT4がインストールされていても、されてなくても、VPSのMT4へアクセスすれば分析してあるMT4チャートを見ることができます。

そして、最後に外部のPCです。
出先で、タブレットやノートPCを持っていなくても、VPSを使えば、ホテルなどのPCや、友達のPCで自分のMT4を操作することができます。

スマホやタブレットからアクセスしたVPSのデスクトップ画像とMT4画像

まずは、画像をご覧ください。

スマホからアクセスしたVPSのデスクトップ

スマホの画面がPCのデスクトップになりましたね。

MT4を立ち上げてみましょう。

スマホからアクセスしたVPSのMT4

スマートフォンの中に、PC版のMT4が表示されましたね。

ちなみに私は、MT4に21通貨のチャートを表示させて、注目通貨だけメールが飛んでくるように毎朝、設定しています。

タブレットで表示すると、もっとスケールを大きくみることができます。

もちろん、画面上をタップして、MT4を操作することもできます。

PCからアクセスしたVPSのデスクトップ画像とMT4画像

まずは、画像をご覧ください。

PCからアクセスしたVPSのデスクトップ画像

私のPCのデスクトップです。

リモートデスクトップというのが、VPSのデスクトップです。

PCのデスクトップの中に、VPSのデスクトップがもうひとつありますね。

つまり、このVPSのデスクトップは、インターネットが繋がれば、どのPCでも立ち上げることができるということです。

それでは、リモートデスクトップ上でMT4を立ち上げてみましょう。

PCからアクセスしたVPSのMT4画像

MT4が立ち上っていますね。

VPS上で相場分析やメール設定をしておけば、自宅のPCでなくても同じチャートを確認することができます。

費用の節約と様々な事故への対応

VPSで24時間MT4を稼働させるメリットとして、電気代の節約と非常時の対策があげられます。

まずは、費用の節約です。
一日中、自宅のPCでMT4を稼働させれば、もちろん電気代がかかります。

さらに、PCが一台しかない方にとっては、24時間365日PCを起動しっぱなしにすると、PCの消耗が激しいでしょう。
だからといって、もう一台PC購入するのも、お金の無駄。
細かいですが、24時間専用のPCを置けば、それだけスペースも無駄です。

費用の節約はともかく、VPSのメリットとして、よくあげられるのが事故への対応です。

よくあるの細かい事故は、ネット環境の不具合です。
自宅のネット環境が、いつの間にか遮断されていて、モデムをリセットして、再起動しないとネットが繋がらない・・・
そんなこと、よくありますよね。
もちろん、自宅のネット環境が遮断されていれば、メールも飛んでこないです。
EA(自動売買)などを、自宅のPCで立ち上げていたら大変なことになってしまします。

ネット環境の遮断意外にも、子供が勝手にPC触って、不具合起こしたり、誰かがPC触ってMT4を閉じていたり・・・

PC周辺の身近な事故は、以外と多いものです。

その他にも、停電や天災(地震や台風)なども、リスクになるでしょう。

しかし、VPSを使えば、常に安全な環境でMT4は稼働し続けますので、以上のようなリスクからリスク回避することができます。

EA(自動売買)を稼働させることができる

私は、EAを利用しないので、5番目のメリットにしました。

しかし、EAを利用している方にとっては、1番のメリットでしょう。

なぜなら、EAを利用する方にとって、MT4の稼働が少しでも止まることは、命取りになるからです。

例えば、注文はしてあるのに、決済の注文が出せくなる・・・
など、PC環境、ネット環境に不具合が起こると、大きな損失を招く可能性があります。

ですので、MT4が稼働する環境には、十分に注意が必要になります。

つまり、【費用の節約と事故の対応】で解説した通り、EAを稼働する場合、安全な環境でMT4を動作させるために、VPSは必須となります。

厳選VPSは【お名前.com デスクトップクラウド for FX】

オススメのVPS【お名前.com デスクトップクラウド for FX】

MT4をVPSで稼働するなら、【お名前.com デスクトップクラウド for FX】で問題ないかなと思います。

私が、【お名前.com デスクトップクラウド for FX】を使っている理由は、低価格にも関わらず、ハイスペックのVPSだからです。

FX専用VPSを売りに、高めのプラン設定をしている業者もありますが、お名前.comは、他社と比べて同様のスペックで、低価格です。
トレーダーにとっては非常にありがたいですね。

【お名前.com デスクトップクラウド for FX】の特徴

VPSを選択するうえで、【お名前.com デスクトップクラウド for FX】を選んだ選択基準は以下の5つです。

  • 知名度
  • FX専用VPS
  • サポート体制
  • スペック
  • 価格帯

【知名度】

格安のサーバーを提供している会社もありますが、知名度がないだけ不安です。
しかし、お名前.comは、みなさんもご存知だと思いますが、レンタルサーバー、ドメイン、VPSなどを提供する代表的な企業です。

また、安定性の高さからメタトレーダー(MetaTrader)等のFX自動売買ソフトを動かす基盤として、「Windowsデスクトップ」は【Forex.com】【楽天証券】【外為ファイネスト】【TITAN FX】など大手FX事業者のツールとFX事業者に採用されています。

お名前.com デスクトップクラウド for FX

このあたりは、FXの口座開設と同じ理論ですね。


【FXに特化したVPSを用意している】

VPS比較

一般的なVPSでは、自宅のPC環境(Windows)と同じような仕様になっています。
自宅のPCのWindowsを確認して頂くと分かりやすいかと思いますが、よく使われるWindowsのアプリが、デスクトップに用意されていますよね。

それが理由でPCが重たくなったりしませんか?

Webやメールなどが利用できることでデータの流通量も増大し、同じVPSサーバーを利用している人も大きなトラフィックを発生させた場合、通信に影響が出るリスクがあります。

しかし、【デスクトップクラウド for FX】では、FXに必要のないアプリは一切排除して、24時間365日、MT4を安定して稼働する仕様になっています。


【サポートの充実】

VPS比較②

デスクトップクラウドは、自宅のPCを使う手順と全く同じですが、初期設定など、初めてVPSを使うFX初心者の方にとって、少し戸惑うところもあるかもしれません。

しかし、お名前.comでは、メールサポート、電話サポートが24時間365日対応しているので、初心者にとっては非常に心強いですね。

また、操作ガイドも充実しているので、初心者でもVPSで、迷うことはありません。

 


【価格設定とハイスペック】

最も安いプラン設定で3社を比較してみます。

プランお名前.com
[for FX 1GBプラン]
使えるねっと
[シルバープラン]
SPPD
[ベーシックプラン]
OSWindows Server
2012 R2
Windows Server
2012 R2
Windows Server
2008 R2 SP1 (64bit)
メモリ1.0GB2.0GB1.0GB
HDD50GB50GB60GB
初期費用無料無料1,620円(通常プラン)
3,240円(Officeプラン)
月額費用

2,400円
[1ヶ月契約]

2,240円
[6ヶ月契約]

2,160円
[1年契約]

2,980円
[1ヶ月契約]

2,680円
[6ヶ月契約]

2,480円
[1年契約]

2,160円(通常プラン)
3,780円(Officeプラン)
[1ヶ月契約]

1,979円(通常プラン)
3,464円(Officeプラン)
[1年契約]

スペック、料金、知名度を比較しても断然、【お名前.com】じゃないでしょうか。

1日缶コーヒー1本もしない価格ですね。

さて、料金プランで、注意点が2点あります。

1点目ですが、MT4をスムーズに稼働させるために最低1〜2Gあれば十分です。
プランでは、4Gや8Gなども用意されていますが、相当な数のEAを稼働させない限り1~2Gで十分です。

ちなみに、オススメは最安値の1Gです。

なぜなら、1Gで十分だから。必要であれば、あとからアップグレードできるので、稼働具合を確認してからアップグレードしましょう。

まずは、最安値の1Gプランです。

2点目ですが、半年プランや1年プランなどありますが、まずは1ヵ月プランからスタートしてみる。
もしかすると、必要ないかもしれないので、まずはお試しで各月で契約すること。

オススメのVPS

【お名前.com デスクトップクラウド for FX】
▼詳細・申込みはコチラ▼

 

 

 

まとめ

MT4を最大限に活用するために、FXに特化したVPSというサービスがあります。

VPSでMT4を利用すると、

  1. MT4のシグナルやメールを24時間いつでも受け取ることができる。
  2. どこにいてもPC版のMT4で詳しい相場分析をすることができる。
  3. スマホやタブレット、外部のPCからでも自分のMT4にアクセスできる。
  4. 費用の節約と様々な事故への対応。
  5. EAを稼働。

のようなメリットがありましたね。

私はEAを使ってトレードをしていませんが、上記の理由でVPSは稼働させています。

有料ではありますが、1日缶コーヒー1本もしない価格で、このサービスはかなりありですので、オススメします。

あなたのトレードライフの向上に繋がれば幸いです。

オススメのVPS【お名前.com デスクトップクラウド for FX】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください