MT4注文方法の全てを解説|指値・逆指値・IFD・OCO・IFO注文と分割決済

MT4の注文方法

『どうやって指値注文すればいいの?』

『OCO注文やIFD注文したいんだけど?』

始めてMT4でトレードするとき、少し戸惑うのが新規注文や決済注文、またはIFD、IFOなどの予約注文方法です。

日本のチャートシステムは慣れてるけど、MT4はよく分からない方も少なくないと思います。

そこで、今回はMT4での注文方法の全てを分かりやすく解説していこうと思います。

MT4の注文も慣れれば簡単です!もし、分からないことがあれば、いつでもこの記事を参考にトレードしてください。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【MT4スマホアプリの注文方法はこちら】で解説しています。

MT4新規注文方法と注文画面の解説

MT4で新規注文画面を呼び出す

新規発注画面の呼び出し方は3つの方法があります。

まず、画像を見てください。

MT4 注文方法

画像のように、MT4では新規注文する方法が3つありますが、好みの使いやすい方法で注文画面を表示しましょう。

①チャート上で右クリック⇒注文発注⇒新規注文

②アイコン【新規注文】を選択。

③【F9】ボタンを押す。

MT4の注文画面解説

MT4 注文方法

①【通貨ペア】取引したい通貨ペアを選択出来る。(チャートから呼び出したら自動的にチャートの通貨ペアに選択されている。)
②【数量】売買するロット数を決める。ダブルクリックすれば数量を入力出来ます。(1lot=10万通貨、0.1lot=1万通貨) 
③【決済逆指値】損失を限定させるための決済価格を指定できる。
④【決済指値】決済価格を指定。
⑤【コメント】ポジションにメモして記載できる。
⑥【注文種別】『成行注文』『指値または逆指値注文』『注文の変更または取り消し』から選択できる。
⑦【新規取引成行売り】売り(Bid)の注文
⑧【新規取引成行買い】買い(Ask)の注文

MT4で成行注文する方法

成行注文は最も基本的な注文方法になります。

MT4 注文方法

①取引したい【通貨ペア】や【数量】を設定して

②【成行売り】【成行買い】を選択する。

MT4で指値注文と逆指値注文する方法

MT4では、指定した価格で予約する『指値注文』や『逆指値注文』などの注文方法も、もちろん出来ます。

MT4 注文方法

①取引したい【通貨ペア】【数量】を設定して

②【注文種別】で『指値または逆指値注文(新規注文)』を選択してください。

③すると、さらに【注文種別】のプルダウンメニューが表示されます。

注文種別 意味 解説
Buy Limit 指値買い 現在より低い価格を指定して予約買い注文
Sell Limit 指値売り 現在より高い価格を指定して予約売り注文
Buy Stop 逆指値買い 現在より高い価格を指定して予約買い注文
Sell Stop 逆指値売り 現在より低い価格を指定して予約売り注文

【注文種別】を選択したら、注文を入れたい価格を入力して【発注】ボタンを押せば予約注文完了です。

MT4でOCO注文を設定する方法

OCO注文(One Cancel Other)注文のこと。指値と逆指値の2つの異なる注文を同時に発注し、一方のオーダーが成立したら、もう一方のオーダーは自動的にキャンセルされる注文方法です。基本的に決済注文でよく使われます。

それでは、保有しているポジションに決済のOCO注文を設定してみたいと思います。

それでは画像を見てください。

MT4 注文方法

①保有しているポジションの確認は①のアイコンをクリックすると

②保有ポジション一覧や残高、または有効証拠金などがターミナル画面に表示されます。

③OCO注文を設定したいポジションにマウスを合わせて右クリックすると

④メニューが表示されるので【注文変更または取消し】を選択して下さい。(※注意|決済注文ではありません。)


すると、オーダー注文画面が表示されます。

MT4 注文方法

青枠で囲った箇所【決済逆指値(S/L)】【決済指値(T/P)】に予約したい価格を入力すると、赤枠で囲った箇所の【変更確定ボタン】の色が変わるので、そこをクリックするとOCO注文完了になります。

MT4でIFD注文、IFO注文を設定する方法

それでは、もっともよく使われる発注方法である、IFD注文やIFO注文を解説していきます。

簡単にIFD注文とIFO注文のおさらいをしておきます。

【IFD(IF DONE)注文】
もしも、価格が○○に到達したら新規の注文をして、その後○○に到達したら決済するという注文方法。
つまり、新規注文と決済注文を同時に予約注文できる注文方法になります。

【IFO注文】
IFOは、IFDとOCOの両方を組み合わせた注文方法です。

IFO=IFD+OCO ということですね。

複雑そうですが、とても簡単ですので安心してください。


それでは、IFD注文とIFO注文の設定方法の解説に戻ります。

まずは、画像を確認ください。

MT4 注文方法

①取引したい【通貨ペア】と【数量】を設定します。

②注文種別は【指値または逆指値注文(新規注文)】を選択して、Buy Limit,Sell Limit,Buy Stop,Sell Stopのいずれかから、新規注文方法を選択します。

ポイントは③です。

新規注文と同時に決済注文も予約する注文方法がIFDでしたね!

ですので、

IFD注文|③決済逆指値(S/L)もしくは決済指値(T/P)のどちらかだけを設定するとIFD注文

IFO注文|③決済逆指値(S/L)もしくは決済指値(T/P)の両方設定するとIFO注文

になります。

MT4で分割決済する方法

私は、ほとんどのトレードで分割決済しますが、MT4を使い始めたころに、一部のポジションを決済しようと思ったらワンクリックで全決済してしまうというイージーミスで、悔しい思いをよくしました。

ということで、保有ポジションの一部を決済する分割決済の方法も解説しておきます。

まずは、画像をご覧ください。

MT4 注文方法

【ターミナル画面】⇒【分割決済したい注文の上で右クリック】⇒【注文変更または取消】を選択

【※最も注意してほしいポイント】

分割決済はポジションの一部を決済することなので、よく【決済注文】を選択してしまいがちです。しかし、【決済注文】を選択すると『ポンッ』という効果音と共に、全決済になってしまうので注意してください。まだ伸びる可能性があるから分割決済しているのに、全決済になってしまったらテンションさがりますよね。

【注文変更または取消】を選択すると、オーダー注文のウィンドウが表示されます。

画像をご覧ください。

MT4 注文方法

①注文種別で【成行注文】を選択してください。

②決済したい数量を設定します。(ここでは現在のポジション1Lotから半分決済したいので、0.5Lotを入力しました。)

③成行決済ボタンの色が黄色くなるので、こちらをクリックすると0.5Lot分だけが決済になり、残りの0.5Lotは保有状態になります。

まとめ

  • MT4では、成行注文以外のOCO注文やIFD注文、IFO注文などの予約注文が可能。
  • そのために、以下の注文種別の意味に慣れる。
    注文種別 意味 解説
    Buy Limit 指値買い 現在より低い価格を指定して予約買い注文
    Sell Limit 指値売り 現在より高い価格を指定して予約売り注文
    Buy Stop 逆指値買い 現在より高い価格を指定して予約買い注文
    Sell Stop 逆指値売り 現在より低い価格を指定して予約売り注文
  • MT4で分割決済するときは、必ず【注文変更または取消】を選択すること。

 

今回解説してきたOCO注文やIFD注文、分割決済などはトレードしていく上で必ずといってよいほど使用する注文方法になります。

新規注文ではタイミングのずれが命取りになったり、決済注文では間違いなんて絶対に許されるものではありません。

もしもMT4で、注文方法に不安を感じたり、もう一度確認したいときは、この記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.