MT4(メタトレーダー4)の使い方|自動スクロールと右端シフト機能と隠れアイコン

MT4(メタトレーダー4)のメニューバーにあるアイコン。

MT4 使い方

『何?このアイコン?』

見た目だけでは機能が理解しずらいアイコンですね。

ということで、今回はこの機能について解説していきます。

そして、この機能に関連するあまり知られていない隠れアイコンとその目的も紹介したいと思います!

 

MT4の自動スクロール機能

まずは自動スクロールのアイコンから紹介したいと思います。

MT4 使い方

この再生ボタンのようなアイコンですね。
自動スクロールとは、更新情報と共にチャートを自動スクロールしてくれる機能のことです。

自動スクロール機能を『ON』状態に設定しておくと、価格が変動してデータが更新するたびに、最新のチャートを表示させておくことが出来ます。

つまり、常にチャートの一番右側(現在のチャート)を表示させる機能ってことです。

ここで、あまりにも当たり前過ぎる機能なので、『OFF』にする必要あるの?と疑問に感じる方もいるかと思いますが、意外とあるんですよね!

【MT4自動スクロール『ON』】
基本的にトレードしている時は『ON』状態にしておけばいいんですが、

【MT4自動スクロール『OFF』】
画面に表示されていない過去のチャートを見たい時は必ず『OFF』にしておきましょう。
『OFF』状態にしていないと、常に最新(右側)のチャートが表示されてしまいます。

ブローカーにもよりますが、基本的にMT4には多くの過去データがあるので、分析や検証にはもってこいのチャートなんです。
分析や検証する時は必ず自動スクロールは『OFF』状態にしておきましょう。

 

MT4の右端シフト機能と隠れアイコン

まずはチャートの右端をシフトするアイコンを確認。

MT4 使い方

今度は、こっちのアイコンです。

基本的な使い方は大きく2つ。

  • 現在のチャート画面に戻りたいとき。
  • チャートをシフトして(ずらして)見やすくする。

 

【現在のチャート画面に戻りたい時】

過去のチャートを見たい時は基本的に、マウスのスクロールボタンを手前方向に回せば過去チャートを見ることが出来ます。

MT4 使い方 スクロールボタンってこのボタンのこと。

過去に戻った分だけ、またマウスで操作して現在に戻るのはめんどくさいですよね。

そんな時に右端シフトをクリックすると現在のチャートに一瞬で戻る事ができます。

 

【チャートをシフトして(ずらして)見やすくする】

まずはチャートを確認してみましょう!

MT4 使い方 MT4 使い方

チャートの違いが分かるでしょうか?

左のチャートは最新のローソク足が画面の右端いっぱいに位置してますよね。

右のチャートは最新のローソク足の右側にスペースがありますよね。

アイコンを『ON』状態にすると右側にスペースが出来て見やすくなります。

 

右端をシフト(ずらす)目的

チャートの右端をシフトする目的ってあるの?と思われるかもしれないですが、見やすさ以外にちゃんとした目的があります。

  • 先行指標を見やすくするため
  • インジケーターを見やすくするため

それではチャートを見てみましょう!

MT4使い方

一目均衡表とトレンドライン、フィボナッチを表示してみました。

近未来のスペースがないと分析しずらいのが分かるかと思います。

ですので、基本的にはアイコンは『ON』状態にして右端はシフトしておきましょう!

 

MT4で意外と知られていない右端シフトの隠れアイコン

まずは隠れアイコンを確認しましょう。

MT4使い方

この三角のアイコンの位置はチャートの右端を意味しています。

このアイコンを左クリックした状態で左右に移動すれば、自分の好きな場所をチャートの右端に設定する事が出来ます。

最後に

自動スクロールと右端シフト機能ですが、一般的に当たり前の機能なんですが、MT4になるとワンランク上の使いやすさがありますよね。

チャート分析する上で必須のインジゲーターや先行指標の事も考えられている点はさすが世界標準です。

チャート分析や検証作業でこの機能は役立つので覚えておいてくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.