FXで『トレードメンタルが崩壊』と嘆く前にコントロールできる6つのこと

FXメンタル0

『待てずにエントリーした結果、即損切り』
『メンタルが崩壊して、全資金を飛ばしてしまった・・・』
『損切りが怖くて、塩漬けしてしまった・・・』
『ポジション持つのが怖くて、すぐに決済。その後、続伸して後悔・・・』

『次は必ず!ちゃんとやるんだ!』
そう心に決めるも・・・
同じ失敗を繰り返してしまい、自己嫌悪に陥ってしまう。

『私って、メンタル弱いわぁ〜』

あなたは、今、そう思っていませんか?

安心してください!私も同じ失敗を、何度も繰り返しました。

トレードで負け、私が弱気な発言をしたとき、いつもは温厚なメンターに叱られたことがあります。

メンター
『メンタルのせいにしないでください!』

その後、メンターは、私にトレードメンタルの強化の方法を教えて下さいました。

この記事を読めば、なぜあなたが、メンタルが弱いと嘆いてしまうのか理解できます。

それだけではなく、感情的なトレードから解放されて、ストレスなく、冷静に淡々とトレードができるようになります。

今回は、【トレードメンタルを強化する6つの方法】について解説をします。

トレードする上で、心を整えることはとても大切なことです。

正常な心の状態でトレードを繰り返せば必ずあなたの成績は向上していきます!

あなたのメンタル強化に、この記事がお役に立てば幸いです。

メンタルは鍛えられるのか?習得するまでの3ステップ

『私はメンタル弱いから・・・』

トレードで負けを繰り返せば、自己嫌悪に陥ってしまう気持ちもよく分かります。

大丈夫です!
トレードメンタルをコントロールすることは、あなたでも必ずできます!

なぜなら、メンタルをコントロールする前に、『FXではコントロールできるもの』があるからです。

『メンタルが弱い』と嘆いているトレーダーのほとんどは、『FXでコントロールできるもの』を知らないから、メンタルのせいにしてしまうんです。

この『知る』というステップは、何かを習得するうえで非常に大切なステップです。

メンタル強化の解説に入る前に、まず、なぜ今まで、あなたは『トレードメンタルが弱い』と思い込んでいたのか?

なぜあなたが、これからFXのメンタルを強化することができるのか?を理解するために【習得する基本ステップ】を解説しておきます。

FXに限らず、何かを習得するときには3段階の基本ステップがあります。

①知らないからできないレベル
②知識はあるが意識しなければできないレベル
③無意識でできるレベル

分かり易くするために、車の運転を例に解説しますね。

①知らないからできないレベル

私には、中学生になる長女がいますが、まだ車の運転はできません。

なぜか?

まだ、車の操作方法を知らないからです。

当然ですね。

②知識はあるが意識しなければできないレベル

しかし、彼女はずっと運転できないでしょうか?
もちろん、できますよね。

そう、教習所にいけば、誰でも車の操作方法が分かります。

しかし、まだまだぎこちない運転です。

③無意識にできるレベル

どれだけぎこちない操作の運転でも、何度も何度も繰り返せば、スムーズに運転することは、誰でも可能なはずです。


トレードと車の運転は違うでしょ!
そんな声も聞こえてきそうですが、フォーカスして欲しいポイントは、

『最低限のことを理解し、少しのトレーニングをすれば、車は誰でも運転することはできる』ということです。

もちろん、F1レーサーになろうと思えば、他に何か特殊な技術や知識が必要になるでしょう。

しかし、運転するだけであれば、最低限の知識とトレーニングさえやれば、習得可能ですよね。

さて、運転について最低限の知識と、最低限のトレーニングさえしていないないのに、誰かがこんなことを言っていたら、あなたはどう思いますか?

『メンタル弱いから、オレ、車運転できないんだよね・・・』

少し、笑っちゃいますよね。

もう少し、例を出してみましょう。

『オレ、メンタル弱いから、泳げないんだよね・・・』
『私、メンタル弱いから、自転車乗れないんだよね・・・』
『ぼくは、メンタル弱いから、テストの点数を獲れません・・・』

もう、お分かりですよね。

もしも、あなたが、FXの世界で[①知らないからできないレベル]だったとしたら?

メンタルが弱いから、トレードで負けているのではないと言うことです。

もちろんメンタルコントロールも大切です。

しかし、その前に、他にコントロールしなければいけないものがあります。

それを、コントロールすることで、あなたのメンタルは、随分と強化されます。

それによって、安定したトレード、安定した収益が生み出せるようになるんです。

だから、勝てるトレーダーは『オレ、メンタル弱いから』なんて言わないんです。

さて、他にコントロールできるものとは、一体どのようなものなのでしょうか?

それでは、本題の【メンタル強化につながる6つのコントロール】について解説していきますね。

FXでメンタル強化につながる6つのコントロール

メンタルが弱いから、あなたは、トレードで負けているのではありません。

トレードをする前に、理解しなければいけないことを知らないから、メンタルのせいになってしまうんです。

トレードをする前に、最低限やらなければいけないことをしていないから、メンタルのせいになってしまうんです。

ここでは、あなたが、感情に左右されない強いトレーダーになるための6つの方法を解説していきます。

①トレードというゲームを理解する

『もっと利益が伸びて欲しいという欲』
『損失が膨らむ恐怖』

トレードは、欲と恐怖、期待と不安が入り混じったゲームです。

トレーダーが、最も感情を揺さぶられるものは、取引履歴の損益額の変動です。

取引履歴の変動を見たあなたは、嬉しい感情や、悲しい感情が湧いてきます。

嬉しくても悲しくても、感情が湧いた時点であなたは、このゲームで不利な立場にいます。

そして、その欲と恐怖という感情をコントロールできなくなるから、FXというゲームで負けてしまうんです。


メンターがライブでトレードしている姿を、初めて見たとき、私は驚きました。
とても静かで、冷静で、淡々とトレードを繰り返していました。
負けているのかな?と思ったら、取引履歴は、プラス50万円!!!

ある時は、トレードを終えてPCから離れ、私にコーヒーを作ってくれました。
今回も、大きく利益が出せたのかな?と思えば、マイナス10万円でした。

エイク
この人、感情があるのかな?

そう思った矢先に、メンターが私に言いました。

メンター
トレードに感情は無用です。
喜んだところで、利益が出るわけでもないですし、悲しんだところで、損失がなくなるわけでもありません。
トレードはね、負けないと勝てないんだよ。
許容できるリスクを負いながら負ける必要があるんだよ。
大きな利益につながる勝つトレードをするためにね!

『FXで利益を残す』このような表現を聞いたことがあると思います。

FXというゲームの本質を上手くとらえた表現だと、私は思います。

FXとは、勝ち負けを繰り返し、最終的に利益を残せばいいんです。

そう、利益が残れば、あなたは一流なんです。

間違っても、月利100%200%なんてトレードを目指す必要はないですし、やってはいけません。

FXというゲームとは
・感情をいれたところで、何も変わらないゲーム。
・勝ち負けを繰り返し、利益を残すためには、負ける必要がある。

②取引履歴を見ても感情的にならない方法

メンタル・資金管理

トレードというゲームで、感情が入ってしまえば不利な立場に置かれ、負けてしまうことは先ほど解説しました。

しかし、私たちは人間です。感情の動物なのです。

それでは、感情をコントロールするには、どうしたら良いのでしょうか?

それを知る前に、感情が揺さぶられる一番の原因を知る必要があります。

感情が揺さぶられる一番の原因は、やはり、リアルタイムで動いている取引履歴の損益の変動です。

相場の世界で、私たちの意思や感情は何の効果もありません。

つまり、コントロール不可ということです。

しかし、唯一、コントロールできるものがあります。

それは、ポジションサイズです。

ポジションサイズとは?
[○○通貨、○○lot(ロット)]などの取引量です。
取引量をコントロールすることを資金管理といいます。

資金管理は、語れば本一冊以上のボリュームになってしまうので、ここでは、簡単に解説しておきます。

もしも、あなたが、増減している取引履歴を見て、一喜一憂しているのであれば、ポジションサイズが間違っている可能性が非常に高いです。

  • ロット数を固定している場合は、取引履歴の損益が増えても減っても感情的にならない取引量を選びましょう。
  • または、ストップまでのpipsでロット数を変更する場合でも、損失額が総資金の2%以内で収まるロット数で取引しましょう。
正しい資金管理方法は【レバレッジを最大限に活かしたFX資金管理2%ルール!5つのメリット】で分かりやすく解説しています。

『ポジションサイズが小さすぎて、面白くない』『利益が増えないから熱くなれない』
このように思うかもしれませんが、それでいいんです。

感情が入らなければ、利確までしっかり待つことができたり、損切りまで焦ることもなくなります。
感情が入らなければ、戦略通りのトレードをすることができます。

自分の身の丈にあったポジションサイズで、冷静に淡々とトレードしている姿って、結構カッコイイですよ。

資金管理
・資金管理は資金と感情をコントロールする。
・感情をコントロールできれば、戦略通りのトレードができるようになる。

③手法とルールの固定は目先の利益に勝る

FXメンタル4

手法とルールを固定することは、精神衛生上、とても大切なことです。
もちろん、先ほど解説した資金管理は言うまでもありません。

さて、なぜ手法とルールを固定することが、メンタル強化につながるのか?

それは、負けても正しいと自己評価するためです。

【トレードというゲームを理解する】でも解説した通り、トレードとは勝つために負ける必要があるのです。

もしも、手法やルールが固定されていなかったら、その都度、手法を疑い、ルールを見直さなければいけません。

つまり、不安な状態でトレードしてしまいます。

しかし、FXは、いつでも、どこでも、どんな人でもできてしまうところが、魅力であり、悩ましいところでもあります。

FXの素人が、適当にエントリーしても、勝ててしまうということです。(絶対に長くは続かないですが・・・)

私は、それを『失敗に等しい成功』と呼んでいます。

その味が忘れられずに『エイ!ヤー!』と、何の根拠もなくトレードしてしまいます。

そして・・・『勝てちゃう・・・』

この味が忘れられず、また『エイ!ヤー!』適当なトレードを繰り返す。

とうとう、破産・・・

この状態で、利益が残るはずがありません。

メンタル強化をしたいのであれば、今、あなたに必要なのは、すぐに手に入る目先の利益ではなく、手法の固定と根拠のあるルールです。

トレードルールに関しては【FXのルールの決め方と作り方!一緒に作れるサンプルルールも公開】で分かりやすく解説しています。
手法とルールの固定
・勝てても負けても正しいトレードと自己評価するため。
・適当なトレードで勝てたとしても、それは破産に導く罠である。『失敗に等しい成功』である。

④過去検証の量=自信の大きさ

FXメンタル5

手法とルールの固定が大切だということは、先ほど解説しました。

そして、FXというゲームは、勝つために負ける必要があるということも解説しました。

次にやらなければいけないことは、決められた手法とルールの中で、負けてもトータルして利益が残るということを確信レベルまで落とし込まないといけません。

大切なポイントなので、再度、お伝えします。

『確信レベルまで落とし込まないと、あなたは必ず不安になります。』

不安を払拭する方法は【過去検証】しかありません。

ただ単純に、チャートを眺めて手法を当てはめても何の意味もありません。

  • ライブトレードと同じ感覚で、環境認識をしてトレードできるポイントのみ拾っていくこと。
  • トレードできないポイント、捨てるトレードを見つけること。
  • その手法が得意なパターンを見つけること。
  • 利を伸ばす相場を見つけること。

などなど、できるだけ、ライブトレード感覚で、緊張感を持って行ってください。

『どれくらい、過去検証をすればいいですか?』
『どんな方法で過去検証をすればいいですか?』

このようなご質問も頂きますが、過去検証に終わりはありません。

そして、過去検証の方法は、どのような方法でも構いません。

今は、有料ではありますが、検証ソフトもありますし、ローソク足を1本ずつ同期してマルチタイムで動かしてくれるインジケーターなどもあります。

もちろん、過去チャートを左からながめて、アナログ的に検証しても構いません。

とにかく、方法論より検証の質と量にこだわることです。

受験も、スポーツも『ここまでやった自分を信じれる!』すなわち、それこそが自信なんです。

だから、本番でも安心して力を発揮できるんです。

チャートを眺める時間を、できるだけ長く設けてください。

野球で言う1000本ノックのように毎日、検証してください。

その後の、リアルトレードでは、驚くほど冷静に自信を持ってトレードを行うことができます。


私は、ForexTester3を今でも検証ソフトとして利用しています。

このソフトにはホント助けられました。オススメです!

①過去検証をする。
②シュミレーショントレードをしまくる。
③デモトレードをする。
④リアルトレードをする。

圧倒的な自信がつき、勝てる感覚がつかめます!
私は現在もトレードスキルを上げるためにForextester3活用しています。

過去検証
・安心して負けれるために、過去検証が必要。
・スポーツや勉強と同様、過去検証した量が、あなたの自信の大きさに比例する。

⑤心の支えはトレード仲間

FXメンタル3

どれだけ、準備してもモチベーションが続かない時があります。
そんな時に心の支えになってくれるのが、トレード仲間です。

トレードに限らず、ビジネスでも、日々の生活でも『仲間』は必要です。

どれだけ感情を捨てて、トレードに取り組もうとしても、やはり私たちは人間。
強い人なんて、それ程いません。ひとりでは、何もできないのです。

誰かに支えられ、サポートされて私たちはお仕事をして、また生活しています。
ひとりだけで生きている!そんな人は誰ひとりいないんです。

トレードの世界でも、励ましあい、高めあえる仲間がいると精神的に余裕が持てるはずです。

単純に、仲間がいた方が楽しいですしね。

可能であれば、同じ手法、同じ思考の仲間を持てると良いでしょう。

トレード仲間
・トレード仲間が心の支えになる。
・同じ手法、同じ思考の仲間がベター。

⑥何の為の誰のためのトレードですか?

FXメンタル6

最後に、FXを行う目的を明確にすること。
何かを行う上で、目的が明確なとき、人は強くなれる動物です。

もしも、あなたが、このような質問をされたら、どのように答えるでしょうか?

Q.『あなたは、毎日やりたくもない仕事を、なぜ辞めないんですか?』

A.『生活できないじゃないですか!』
 『子供のためです。』『家族のためです。』

明確すぎる目的が、そこにありますよね。

明確な目的がある時、仕事に対して、メンタルやモチベーションで、自分の行動を決めたりしないはずです。

人間そんなに強くもないですが、弱くもないんです。

あなたは、強い。強くできているんです。

あなたが、サラリーマンであれば、既に、数年、数十年間、仕事をこなしてきたはずです。
主婦であれば、家事や子育てをされてこられたはずです。

大変なことを、メンタルやモチベーションのせいにせず、しっかりと継続できたはずです。

最後に伝えたかったことは、実はあなたのメンタルは、そんなに弱くはないというです。

FXを始めた目的は、なんでしょうか?
それを明確にすることで、あなたは必ず強くなります。
そして、トレードに対して、言い訳や弱音を吐かなくなります。

FXを行う目的をリスト化してみましょう!

目的の明確化
・人は、強くもないが弱くもない。
・トレードを行う目的を明確にすること
FXで勝てない人が勝てるようになった理由

FXで勝てない彼が突然勝てるようになった理由と13の克服方法とは

2019年1月9日

まとめ

トレードするうえで、感情をコントロールすることは非常に大切です。
負けトレードが重なると、どうしても感情的になり、冷静な判断ができなくなったりします。

しかし、それはあなたの心が弱いことが原因ではないんです。

メンタルをコントロールする前に、コントロールできるものを知らないだけなんです。

この記事で解説した6つのポイントを、最後にまとめておきます。

①トレードというゲームを理解する。
②資金管理をして、正しいポジションサイズでトレードする。
③手法とルールの固定をする。
④過去検証を徹底的に行う。
⑤トレード仲間をつくる。
⑥FXをする目的を明確にする。

3 件のコメント

  • 何度読み返してもいいくらい、素晴らしい内容のブログ。
    私の「あともう少し」を手に入れさせてくれた。

    ありがとうございます。

  • 最近はFXだけで生きていこうという目的を見失いかけて、モチベーションが落ちていました。
    特に欲に負けて、取引履歴の残高に一喜一憂して冷静な判断ができていませんでした。
    ロット数を見直します。
    また、Twitterやブログで履歴をさらしているのを見て悔しい思いもあります。
    ひたすら検証を繰り返してみます。
    ありがとうございます。

  • じっくりとで拝見させていただきました。
    冷静さを失っていた自分の心を取り戻すことができそうです。
    地道にコツコツと取り組んでいた時のことを思い出しながら、またもう一度コツコツと検証を繰り返していきたいと思います。
    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください