必ずあなたのFXレベルが上がる|私がメンターから頂いた7つの名言

FXブログ メンター

私は3人のプロトレーダーと二人三脚でトレードの本質を教わり、勝ち組の仲間入りをする事が出来ました。

トレードで勝つために必要だった事は、トレードルールやロジック以外の部分が多かったように思います。

その中でも、特に心に深く刺さり、そして勝ち組へと加速させてくれた名言集をまとめてみました。

必ずあなたもメンターの言葉に触れてレベルアップを体感するはずです。

 

私がメンターから頂いた7つの言葉

『チャートを見すぎですね。とりあえず日足以外は見ないで下さい。』

メンターとのトレーニングで最初にさせられたことが、日足以外のチャートを閉じることでした。
これはちゃんと私に勝たせるための目的がありました。

  • 素人がチャートを見すぎると全てがチャンスに見えてオーバートレードしてしまう。
  • スキャルピングやデイトレードでは動きが早すぎて意思決定が追いつかない。
  • 日足を分析して勝てないのに、デイトレードで勝てる訳がない。

『負けない事は、勝ちに等しいんですよ!』

「休むも相場」という名言は知っていましたが、この言葉は、私にとって、他の名言を超える一言でした。

勝てなくてもいい。トレード機会を逃してもいい。

曖昧な判断で、適当なトレードをしないということは、勝ちに等しい判断だ!

という意味です。

チャンスをじっと待つ事、そして、トレードを見送る事の大切さが初めて腑に落ちました。

気持ちが変わると、チャンスをストレスなく待てるようになり、ドヤ顔で微妙なエントリーは見送る事が出来るようになりました。

その後、負けが激減し、勝率が上がったのを強烈に覚えています。

『これから千回万回と生涯トレードしていく内のワントレードです。』

「私メンタル弱いんで・・・」

負けトレーダーは、なにかとメンタルのせいにし過ぎです。

トレードで稼いで複利で夢見てるんだったら、これからいくらでも取り返せる。

そう、いくら負けてもいいんです。

大切なことは、平常心でルールを厳守して淡々とトレードを繰り返すこと。

これから長いトレード人生の、たった一回の損切りです。

落ち込まずに、反省し、学び、次に活かしていきましょう!

『待てないですか?』

真剣に怒られました。

その裏側に愛情を感じました。

親が子供を起こるような愛情を。

個人トレーダーは、いつでもひとりです。

誰かに怒られる経験ってないですよね。

だから、自分に甘えて言い訳ばかりしてしまう。

これからは、ちゃんと緊張感をもってトレードしようって、始めて思えた瞬間でした。

『大切な資金を無駄にしないで下さい。誰のためのFXですか?』

この言葉は、涙が出そうでした。

「家族のためにFXをしているんでしょ。」

「家族の大切な資金を使っているんだから真剣にトレードしなさい。」

「それが出来ないようであれば、子供に何か買って上げた方が、家族のための正しいお金の使い方ですよ。」

という意味でした。

今でも思い出すと涙が出そうです・・・

『説明責任ありますか?』

トレードを職業にしている方々は、お客の資金を預かってトレードしています。

ざっくりいうとプロです。

なぜ、買ったのか?なぜ、売ったのか?なぜ、勝てたのか?負けたのか?

全てのトレード(運用)を、誰もが納得いく説明が出来なければいけません。

『エイクさん、このエントリーとエグジットに、私が納得する説明は出来ますか?』

趣味の延長のようなトレードを卒業して、本気で稼ぐ気持ちにさせてくれた一言でした。

『エイクさん、トレードってね、してもしなくてもいいんですよ。』

  • トレードをしないといけない。
  • 勝たないといけない。
  • 負けられない。

そんなことを感じ始めたら要注意です。

すでに、不利な精神状態になっています。

個人トレーダーの大きなアドバンテージは、時間をコントロールすることです。

FXがとても楽になり、心に余裕が持てた一言でした。

最後に

いかがでしたか?少しトレードに対する取り組み方や、考え方に良い影響があれば幸いです。

心が変われば行動が変わります。行動が変われば結果が変わります。

この言葉との出会いも何かの御縁。あなたのトレードライフに役立つ時があると思います。

トレードで負けた時、悩んだり迷った時は、もう一度、この言葉を読んでみて下さい。

同じ言葉や文章でも、捉え方が随分と違うはず。

それは、あなたのトレードレベルがアップした証拠ですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください