MT4(メタトレーダー4)を日本時間に変更して表示してくれるインジケーター

 

MT4 日本時間 インジケーター

『なにこれ?MT4の時間軸が日本時間じゃない!!』

日本のFX会社が提供しているチャートシステムに慣れてしまった方が、MT4を使い始めてまず戸惑うこと。

それは、MT4の時間軸が日本時間ではないこと!

日本のFX会社からMT4をダウンロードしたんだから、どこかに日本時間に変更する機能があるはず!

残念ながらMT4には日本時間に変更する機能はありません。

しかし、とても簡単に日本時間に変更するインジケーターがあるので安心して下さい。

ということで、今回は、なぜMT4は日本時間表示でないのかそして、MT4を日本時間に変更するインジケーターの解説をします。

 

なぜMT4の時間軸が日本時間ではないのか?

まず、MT4の時間軸にはGMTが適用されています。

GMTって何?

グリニッジ標準時間の略です。
経度0度のグリニッジ(ロンドン)を基準に、世界の時間を決めていきましょうってことです。

GMT+って何?

GMT+とは、GMT(グリニッジ標準時間)から+(プラス)どれくらいの時差があるのか?という意味になります。

MT4をダウンロードした業者によっても違いはありますが、ほとんどのMT4業者は、冬時間はGMT+3、夏時間GMT+2が採用されています。

つまり、MT4では、GMT(グリニッジ標準時間)からプラス3時間、プラス2時間で時間を表示しているということですね。

ロンドンと日本の時間差は約9時間あるので、日本時間はMT4に表示されている時間から、冬時間であれば+6時間、夏時間であれば+7時間で考えればよいことになります。

GMT+2(+3)になれるのが一番いいのですが、慣れないうちは日本時間が気になりますよね。

そんな方のために、日本時間を表示する便利なインジケーターがあるので解説してきます。

 

MT4を日本時間に変更して表示してくれるインジケーター

MT4で日本時間を簡単に変更してくれるインジケーターに【JPN_Time_Sub】というインジケーターがあります。

JPN_Time_Sub(※ダウンロードはこちらから)

ダウンロードしたら、【JPN_Time_Sub】をMT4のインジケーターフォルダーにいれます。

(※MT4にカスタムインジケーターを追加導入する方法は、こちらの記事を参考にして下さい。)

MT4(メタトレーダー4)の使い方|カスタムインジケーターをMT4に追加導入する方法

2016.10.05

【JPN_Time_Sub】をMT4に取り込んだら、チャートにインジケーターを表示します。

MT4 インジケーター

すると、【JPN_Time_Sub】の設定画面が出てくるので、【パラメーターの入力】のタグを選択してください。

MT4 インジケーター 日本時間

【パラメーターの解説は以下のようになります】

Grid グリッドの表示
YEAR 年の表示
MONTH 月の表示
DAY 日にちの表示
HOUR 時間の表示
MINUTE 分の表示
SECOUD 秒の表示
ARROW 矢印の表示
NewLine インジケーターウィンドウに段数をわけて見やすくする。
GridColor グリッドの色
Tine_difference MT4の時間表示の時差
FontSize 表示する文字のサイズ
TimeInterval 表示する時間の間隔
TextColor 文字の色

(true=はい false=いいえ)

個人的に見やすいのは、上記の画像のようなパラメーター設定になりますが、トレードスタイルが違えば表示したい日本時間も違うと思いますので、ご自身の好みの設定をしてみてください。

最後に日本時間がどのようにMT4に反映されているのか確認したいと思います。

MT4 インジケーター 日本時間

 

まとめ

MT4の時間表示(GMT+2or+3)に慣れていない方にとっては、とても便利なインジケーターですね。

実は私もMT4を使い始めのころは、このインジケーターに大変お世話になりました。

【JPN_Time_Sub】は、MT4を使用している方にも人気のインジケーターですので、是非活用してみてください。

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.