エンゴルフィンバーを完全理解!プライスアクションを利用した最速エントリー方法

エンゴルフィンバー

『エンゴルフィンバーって何?』

エンゴルフィンバーは、プライスアクションのパターンのひとつです。

『プライスアクションって何?』

プライスアクションとは、ローソク足(値動き)から投資家心理を読み取り、優位性のあるエントリーシグナルを判断する手法のことです。

さて、今回は、プライスアクションの手法の中でも『エンゴルフィンバー』をピックアップして詳しく解説していきますね。

また、この記事では、エンゴルフィンバーの解説に加えて

・複雑なエンゴルフィンバー
・エンゴルフィンバーを利用したエントリー方法
・アウトサイドバーとの違い

など、他ではあまり解説されていない内容も盛り込んでいます。

エンゴルフィンバーをチャートから読み解くことができるようになれば、相場の次の動きを他のトレーダーより先に感じ取ることができるようになります。

この記事があなたのトレードレベルの向上のお役に立てれば幸いです。

プライスアクションは最速エントリー

冒頭でも解説していますが、プライスアクションとは、ローソク足から投資家心理を読み取り、最速でエントリーシグナルを判断できる手法のことを言います。

インジケーターの売買シグナルは遅効性があります。
つまり、終値を待ってシグナルが発生するので、遅れてサインが点灯するということです。

しかし、プライスアクションは、値動き(ローソク足)のパターンから判断するので、インジケーターの売買シグナルより早くエントリーシグナルを発見することができるんです。

使えるプライスアクションは、インサイドバーやアウトサイドバー、ピンバーなどありますが、今回は、エンゴルフィンバーを解説していきます。

それでは、さっそくエンゴルフィンバーを詳しく解説していきますね。

5種類のプライスアクションパターンを高精度で検知するMT4インジゲーターの記事はこちら

MT4プライスアクションインジケーター!待望のローソク足検知ツール

2018.12.12
 

エンゴルフィンバーを詳しく解説

プライスアクションのひとつである『エンゴルフィンバー』とは、簡単に説明すると『包み足の一種』のことを指します。

注意|エンゴルフィンバーは、一般的に解説されている包み足とは若干の違いがあります。

エンゴルフィンバーの定義

まずは、エンゴルフィンバーをビジュアルで確認しましょう。画像をご覧ください。

エンゴルフィンバーの解説

ビジュアル的に確認すると簡単ですね。

それでは、基本的なエンゴルフィンバーの定義を解説します。

上図を確認しながら、以下の定義を読んでください。

買いのエンゴルフィンバー定義
・1本前のローソク足が陰線。次の足が陽線。
・1本前の陰線のローソク足の始値を、次の足の陽線の終値で更新して確定している。
・かつ、1本前のローソク足の高値も更新している。
以上の3つの条件がそろえば買いのエンゴルフィンバーです。
売りのエンゴルフィンバーの定義
・1本前のローソク足が陽線。次の足が陰線。
・1本前の陽線のローソク足の始値を、次の足の陰線の終値で更新して確定している。
・かつ、1本前のローソク足の安値も更新している。
以上の3つの条件がそろえば売りのエンゴルフィンバーです。

エンゴルフィンバーが機能する根拠

なぜエンゴルフィンバーがプライスアクションとして機能するのでしょうか?

お悩みトレーダー
オレ分かるよ!パターンだから!
メンター
それじゃ、本当の意味でプライスアクションを使いこなせないんだ。

『パターンだから・・・』

確かに・・・
しかし、それだけだと、プライスアクションを学ぶ意味がありません。

パターンを覚えただけだと、自信を持ってエンゴルフィンバーを活用することはできません。エンゴルフィンバーが機能する根拠を理解することで、本当の意味で自信を持って使いこなせるようになるんです。

それでは、エンゴルフィンバーが機能する根拠を解説します。

エンゴルフィンバーを、言葉で説明すると、以下のようになります。

1本前のローソク足の実体とヒゲを、次のローソク足の実体とヒゲ、共に反対方向に更新して確定しているローソク足が、エンゴルフィンバーです。

エンゴルフィンバーの特徴は、「実体とヒゲともに反対方向に更新している」ということです。

ローソク足は、高値・安値・始値・終値の4つの価格が注目されています。

1本前のローソクの実体同士を比べても、ヒゲ同士を比べても反対方向に更新している。

つまり、1本前のローソク足が完全に否定された。
言い換えると、それは、反転を示唆しているということになります。

それでは、買いのエンゴルフィンバーを例に画像で確認してみましょう。

エンゴルフィンバーの根拠

ローソク足は、世界中のトレーダーが見ています。

ローソク足で注目されている、上図だと高値も実体も反対方向に更新して確定しています。

投資家心理から、あなたはこの後、どのような値動きになると感じるでしょうか?

お悩みトレーダー
は・ん・て・ん?
メンター
そうじゃよ!正解じゃ!

そう、反転ですよね!

以上が、エンゴルフィンバーが機能する根拠です。

エンゴルフィンバーと包み足の違い

エンゴルフィンバーを包み足と解説されている方もいますが、

『本当にエンゴルフィンバーって包み足と同じなの?』

このような疑問を持たれる方もいるかもしれません。

お悩みトレーダー
え?違うの?同じだと思ってた!

エンゴルフィンバーは一般的に解説されている包み足とは、似ていますが若干の違いがあるので、ここで解説しておきます。

株式や先物などで使われる一般的な包み足の定義は、一本目の高値と安値が、二本目の実体部分にすべて収まるという定義付けがあります。

画像で確認してみましょう。

エンゴルフィンバーと包み足の違い

しかし、この包み足の定義付けは、価格が飛んでローソク足が始まらないと実現しない形状であり、流動性のあるFX市場では、値が飛ぶ現象がそれほどありません。
さらに、エンゴルフィンバーより包み足に近いプライスアクションは、高値と安値ともに更新しているアウトサイドバーです。

※アウトサイドバーに関しては、【FXの包み足とはらみ足を完全攻略!プロは絶対見逃さないローソク足の反転サイン!】で詳しく解説していますので、参考にしてください。

1本前のローソク足の実体を、次の足の実体で包んでいるという点は似ていますので、私は、エンゴルフィンバーは『包み足の一種』という解説をしています。

綺麗なエンゴルフィンバーと変形エンゴルフィンバー

エンゴルフィンバーをチャート上で探していくと、

『これは?エンゴルフィンバー?』と、迷うことが多々あります。

エイク
確かに、エンゴルフィンバーを探したら迷うローソク足がたくさんあります。
メンター
今から、その答えを教えるよ!使えるものと使えないものもね!
お悩みトレーダー
ラッキー!!!

ここでは、
・強いエンゴルフィンバー
・弱いエンゴルフィンバー
・変形エンゴルフィンバー
をまとめておきます。

強いエンゴルフィンバー

強いエンゴルフィンバーは、綺麗なエンゴルフィンバーです。

相場の格言で、『相場は美人投票』や『美人投票の理論』という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

個人の好みもあるが、相場の世界では、多くの市場参加者が「上昇しそう」「下落しそう」「反転しそう」と判断する銘柄を選ぶことが、正しい投資判断だという意味です。

つまり、『誰が見てもエンゴルフィンバー』というエンゴルフィンバーこそが、強力なエンゴルフィンバーになります。

これは、エンゴルフィンバーに限ったことではありません。
ダブルトップやダブルボトムなどのチャートパターン、サポレジや高値・安値に至っても同様のことが言えます。

それでは、強いエンゴルフィンバーをチャートからピックアップしてみましょう。

強いエンゴルフィンバー

戻りをつけながら、エンゴルフィンバーをきっかけに下落が加速していますね。

弱いエンゴルフィンバー

先ほど強いエンゴルフィンバーを紹介しましたが、エンゴルフィンバーには、勢いのないエンゴルフィンバーもあります。

まずは、画像を確認してください。

弱いエンゴルフィンバー

①③の強いエンゴルフィンバーに対して、②弱いエンゴルフィンバーの違いが分かるでしょうか?

②の弱いエンゴルフィンバーは、1本前のローソク足に対して、安値(ヒゲ)同士と実体同士が反対方向に更新しているので、エンゴルフィンバーなのは間違いありません。

しかし、実体が1本前の安値を更新して確定していないんです。

つまり、大引けの状態でローソク足が閉じていないので、このエンゴルフィンバーは、少し買いと売りが均衡している弱いエンゴルフィンバーということになります。

しかし、このパターンは滅多に出現することはありません。

変形エンゴルフィンバー

最後に変形エンゴルフィンバーです。

まずは、画像を確認してみましょう。

変形エンゴルフィンバー

変形エンゴルフィンバーは、1本前のローソク足の実体をいったん包んだ後に、進行方向へヒゲも終値も更新したものになります。

このパターンは、勢いのあるスイングの中にたまに確認できます。

しかし、勢いの中で確認されるので、押し目や戻り目などの反転確認としてのエントリーには向きません。

というより、私であれば、高値つかみのリスクがあるのでエントリーしません。

使うのであれば、既にエントリー済みでトレーリングストップで利用するのがベターです。


さて、ここまで、様々なエンゴルフィンバーを解説してきましたが、どのパターンを採用して、どのパターンを採用しないか、ご自身でルール化しなければいけません。

私の場合は、綺麗なエンゴルフィンバーのみエントリーの対象にしています。

先述でも解説しましたが、ローソク足に限らず、チャートパターン、レジサポなども同様、分かりにくい、もしくは、迷ってる段階でエントリーは見送るべきです。

エンゴルフィンバーのエントリー方法

エンゴルフィンバーとはどういうものかをここまで解説してきました。

それでは、実際にエンゴルフィンバーをエントリーのトリガーにした場合、どのようにエントリーすればよいのかをここで解説します。

プライスアクションのエントリー方法は、アウトサイドバーやインサイドバー、ピンバーと同様のエントリー方法になります。

買いのエンゴルフィンバーのエントリー方法を例に解説していきますね。(※売りの場合は、エントリーとストップが逆になります。)

それでは、画像をご覧ください。

エンゴルフィンバーのエントリー方法

①反転ポイントでエンゴルフィンバーを確認する。

注意
エンゴルフィンバーは、チャート上でたくさん出てきます。反転ポイントのみのエンゴルフィンバーを採用しないとまったく機能しないので注意してください。

②エンゴルフィンバーの高値より少し上(高値+スプレッド)に買いの逆指値をセットする。

③ストップはエンゴルフィンバーの安値より少し下にセットしてください。

以上が、エンゴルフィンバーのエントリー方法です。

エンゴルフィンバーと手法の融合

エンゴルフィンバーと手法の融合

エンゴルフィンバーに限らず、インサイドバーやアウトサイドバー、ピンバーなどの反転系のプライスアクションを活用するときは、手法やレジサポを併用してエントリーのトリガーとして利用しましょう。

基本的には、レジスタンスやサポート付近です。

レジサポにもいろいろあります。

あなたが、MAの手法を使っているのであれば、MA反発をエンゴルフィンバーなどのプライスアクションをトリガーにしてもよいでしょう。

フィボナッチの手法を使っているのであれば、反転確認のトリガーをエンゴルフィンバーにしてもよいでしょう。

また、インジケーターを使った手法を使っているのであれば、

RCIなどのインジケーターの売られすぎを確認して、上昇確認をプライスアクションを使って判断すれば、インジケーターのサインより早くエントリーが可能になります。

是非、あなたの手法の中からエンゴルフィンバーを見つけてみてください。

驚くほど良いタイミングでサイン点灯しているのが分かると思います。

厳選したローソク足反転シグナル

エンゴルフィンバーの他にも、インジケーターやご自身の手法に組み合わすと抜群の効果を発揮してくれるプライスアクションパターンはいくつかあります。

厳選プライスアクションパターンについては、[ローソク足のプライスアクションで勝つ!FX最強シグナル7選【保存版】]で詳しく解説しているので参考にしてください。

エンゴルフィンバーとアウトサイドバーの違いと効果

最後にエンゴルフィンバーとアウトサイドバーの違いについて解説しておきます。

エンゴルフィンバーとアウトサイドバーは似ていますが、まったく違います。

アウトサイドバーについての解説は、【FXの包み足とはらみ足を完全攻略!プロは絶対見逃さないローソク足の反転サイン!】で詳しく解説しています。

さて、エンゴルフィンバーとアウトサイドバーの違いですが、以下の画像をご覧ください。

エンゴルフィンバーとアウトサイドバーの違い

アウトサイドバーの赤丸に注目してください。
1本前の安値を更新したあとに、高値も更新しているのがアウトサイドバーです。

つまり、アウトサイドバーは、安値ブレイクのフェイク(だまし)のあとに高値更新、実体も反対方向に更新しています。

エンゴルフィンバーとアウトサイドバーは、似ているようで、まったく違うんです。

結論、

エンゴルフィンバーよりアウトサイドバーの方が効果的で機能する。

ということになります。

エンゴルフィンバーもひとつのプライスアクションですが、エンゴルフィンバーは捨てて、アウトサイドバーのみピックアップするのもひとつの戦略ですね。

5種類のプライスアクションパターンを高精度で検知するMT4インジゲーターの記事はこちら

MT4プライスアクションインジケーター!待望のローソク足検知ツール

2018.12.12
 

まとめ

エンゴルフィンバーというプライスアクションを知ることで、チャートの反転シグナルをいち早くとらえることができます。

また、あなたがお使いの手法と融合すれば、さらにエンゴルフィンバーは強力な武器になることでしょう。

是非、チャートを開いてあなたの手法のエントリーポイントのローソク足パターンを確認してみてください。

エンゴルフィンバーが確認できるはずです!

2 件のコメント

  • 大変参考になるプライスアクションやFXに関する考え方など、これほど腹落ちして拝見した情報はありませんでした。改めて感謝申し上げます。私はFX歴10年ほどですが,鳴かず飛ばずの感情だけでトレードしておりました。これからのFXに真剣に取り組みたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください