MT4(メタトレーダー4)の使い方|チャートの色、背景、表示の変更

チャートの背景色は『白』か『黒』。別に悪くないけど変更できない。

通常、FX会社から提供されているチャートの色や背景は決められています。

しかし、MT4ではチャートの色や背景なども、トレーダー好みに簡単にカスタマイズすることが出来ます!

と言うことで、今回はMT4のチャートの色、背景、表示の変更について解説していきます。

MT4でチャートの色、背景、表示の変更をする理由

MT4(メタトレーダー4)のチャートの色、背景、表示の変更が必要な理由は、視覚的効果のみです。

例えば、色が固定されているチャートシステムを使用していると、目が疲れるとか、特に使わないのに出来高など必要ないものが表示されて使いにくいなど・・・

また、よくあるのは、今まで使用してきた慣れたチャートシステムの色にしたいなどが理由です。

MT4は、簡単操作でチャートの色、背景、表示の変更が出来るので、自分がビジュアル的に見やすいオリジナルチャートにしていきましょう。

MT4のチャートの色、背景、表示の変更

 

MT4使い方

まず、

チャート上で『右クリック⇒プロパティを選択』して下さい。

(※メニューバーから『チャート』→『プロパティ』を選択しても可)

そうすると、チャート設定のプロパティ画面が表示されます。

MT4プロパティ『色の設定』

 

MT4使い方

左上のタグを見ると、

『色の設定』と『全般』の2つのタグがあるので色の変更をしたい場合は『色の設定』を選択してください。

次に、基本配色を左クリックすると、デフォルトで3パターンの基本配色が用意されているので好きな配色を選択してみましょう。

ここでは、『Black On White』を選択してみたいと思います。

すると、ガラリと雰囲気の違ったチャートが表示!

MT4使い方

ここから、更にチャートを自分色にカスタマイズしていきます。

 

MT4使い方

最初に行ったように、

チャート上で『右クリック⇒プロパティを選択』して下さい。

(※メニューバーから『チャート』→『プロパティ』を選択しても可)

プロパティ画面の右側にある色の選択で細かいチャートの配色を変更する事が出来ます。

上図にチャートの色の変更場所を解説していますので参考にしてください。

 

MT4のチャートでオリジナルな色、背景、表示設定してみよう

デフォルトの配色のままでよければそのままでも構わないですが、自分が落ち着く配色にしたい場合は、

プロパティ画面の右側にある色の選択で細かいチャートの配色を変更していきましょう。

 

MT4使い方 チャート

【変更】

背景色 ⇒ Gainsboro

上昇ローソク足 ⇒ Blue

上昇ローソク足 ⇒ Red

これだけを変更するだけで、全く違う雰囲気のチャートになりますね。

MT4プロパティ『全般』

MT4チャート設定の解説の最後にプロパティ『全般』について少し解説しておきたいと思います。

MT4チャート設定のプロパティ『全般』では、チャートの色の変更以外の設定になります。

 

MT4 使い方 チャート

まず、『色の設定』と『全般』の2つのタグがあるので色の変更をしたい場合は『全般』を選択してください。

①『チャートを前面に表示』

インディケーターなどを表示した時にチャートを前面に表示するかどうかを選択出来ます。
画像の赤丸でも示した通りチャートが前面に出ている方が見栄えが良いのでチェックを入れておきましょう。

②『チャートの右端移動』

ここにチェックを外すと画像の黄色のスペースがなくなって、右端までチャートが移動します。
こちらも、スペースがある方が見やすいのでチェックを入れておきましょう。

③『チャートの自動スクロール』

チャートを自動的にスクロールさせるかどうか選択できます。
こちらはお好みで構わないです。私はチェックを入れています。

④『スケールを1対1に固定』『スケールの固定』

こちらは、縦軸の価格の表示幅を固定するかどうかを選択できます。
ここにチェックをいれるとチャートが見にくくなるのでチェックを外しておきましょう。

⑤『バーチャート』『ローソク足』『ラインチャート』

実は、ローソク足は日本人が作り出した、とても分析しやすいインディケーターなんです。
ここは、ローソク足で問題ないです。(※もちろん、欧米では、ラインチャートやバーチャートを使用するトレーダーもいます。)

⑥『期間区切り表示』

チャート上にある一定期間の区切りの目印を表示することが出来ます。
チャート上に区切り線を表示させる事で、1日、1週間、1ヶ月など、期間内の価格の動きを細かく分析することができます。
こちらは、チェックを入れておいた方が便利です。

時間足 1区切りの期間
1時間足以下の時間足 1日
4時間足 1週間
日足 1ヶ月
週足 1年
月足  1年

 

⑦『グリッドの表示』

チャート上にある点線ですが、チャート上の価格の変動の幅を図るのに便利です。
こちらは好みですので、どちらでも構わないです。
ちなみに私は、スッキリしたチャートにしたいので外しています。

⑧『出来高の表示』

チャートの下部に棒グラフ上に表示されていますが、これが出来高です。

MT4の出来高は、特に必要ではないのでチェックを外しています。

 

まとめ

チャート設定も思っていた程難しくなかったですね。

チャートの色や背景の設定は、オリジナルチャート作りの第一歩です。

色や背景がオリジナルになるだけで、なんだか愛着が湧いてきますよね。

このあたりから、今まで以上にMT4(メタトレーダー4)の便利さを感じ始めるのではないでしょうか。

さぁ、ここからどんどん自分のチャートをカスタマイズしてオリジナルなものに仕上げていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。