フィボナッチエクスパンションの使い方!上級者の引き方と数値設定

フィボナッチエクスパンションの使い方
お悩みトレーダー

フィボナッチ?

エクスパンション?

何それ?

メンター
いいところに目がいきましたね!

 

それでは、今日は、フィボナッチエクスパンションの基本的な使い方から、

あまり知られていないプロが使う応用的な使い方まで、すべて教えてあげましょう!

エントリーしてから、悩まず決済ポイントを予測することができればトレードを有利に進めることができますよね。

その決済ポイントの目安で使えるツールが、フィボナッチエクスパンションです。

中でもフィボナッチ黄金比率は、面白いぐらい意識されています。

つまり、フィボナッチエクスパンションは、かなり使えるということです!

この記事では、フィボナッチエクスパンションの使い方を分かり易く解説しています。

さらに、

  • フィボナッチエクスパンションの引き方
  • フィボナッチエクスパンションの最適な数値設定
  • フィボナッチエクスパンションの具体的な利用方法
  • 上級者の応用的なフィボナッチエクスパンションの使い方
  • フィボナッチエクスパンションを利用した最強反転ゾーン

なども解説しています。

 

フィボナッチエクスパンションの使い方をマスターすることで、未来のサポート・レジスタンスをある程度予測できるようになります。

つまり、プロトレーダーが見ている未来の決済ポイントを手に取るように感じることができるということです。

そのことによって、あなたの決済スキルが向上することは間違いありません。

この記事があなたのトレードレベルの向上のお役に立てれば幸いです。

フィボナッチエクスパンションの反応を確認してみよう!

まずはじめに、フィボナッチエクスパンションが相場で、

どれほど反応しているのか?
また、どのように反応しているのか?

確認してみます。

まずは、上昇相場でのフィボナッチエクスパンションの反応を確認してみましょう!

フィボナッチエクスパンションの反応①

次は、下落相場でのフィボナッチエクスパンションの反応を確認してみましょう!

フィボナッチエクスパンションの反応②

どうでしょう?

面白いくらいに反応しているのが分かりますよね。

つまり、 フィボナッチエクスパンションを使わない手はないということです。

使わなくても、理解しておく必要はあります。

フィボナッチエクスパンションとは

フィボナッチエクスパンションとは
フィボナッチエクスパンションとは

『エクスパンション = 拡張』という意味です。

つまり、フィボナッチエクスパンションとは、相場がどこまで拡張するのかを分析するツールになります。

トレンド中の押し目や戻り目が入った後に、その後、どのあたりまで相場が動くのか予測するテクニカル指標です。

特に、トレンドフォローの決済ポイントを探るには、フィボナッチエクスパンションは非常に有効です。
(※フィボナッチエクスパンションは、エントリーポイントの絞り込みにも利用できます。)

フィボナッチツールでは、フィボナッチリトレースメントが最も有名ですが、上記の説明の通り、フィボナッチエクスパンションも人気があります。

ですので、フィボナッチリトレースメントと同じくらい相場内で意識されています。

フィボナッチエクスパンションは、他のフィボナッチツール同様に、フィボナッチ数列という数学の理論を取り入れています。

その中でも、自然界に存在する黄金比率は、かなり機能します。

MT4のフィボナッチエクスパンションの引き方

フィボナッチエクスパンションの引き方はとても簡単です。

ここでは、MT4を使って、フィボナッチエクスパンションの引き方を解説していきます。

まずは、フィボナッチエクスパンションの引き方の手順を簡単にまとめておきますね。

手順①|フィボナッチエクスパンションを選択

手順②|起点となる安値から高値までクリックしたまま動かす

手順③|押し目(戻り目)を調整する

手順①|フィボナッチエクスパンションを選択

まずは、MT4でフィボナッチエクスパンションを選択しましょう。

上部メニューより

[①挿入]>[②フィボナッチ]>[エクスパンション]を選択してください。

MT4フィボナッチエクスパンションの引き方
MT4アイコンのカスタマイズ方法
MT4でよく利用するツールは、常に表示しておくと便利です。

ツール表示の簡単カスタマイズ方法は、

【MT4のツールバーとアイコンの表示・非表示を簡単にカスタマイズする方法】

手順②|起点となる安値から高値までクリックしたまま動かす

フィボナッチエクスパンションを選択したら、起点となる安値から高値まで、クリックしたままマウスを移動させます。

ドラッグ&ドロップの動作ですね。

すると、以下のようにフィボナッチエクスパンションが表示されます。

MT4フィボナッチエクスパンションの引き方②

手順③|押し目(戻り目)を調整する

最後に、終点の押し目(戻り目)を調整します。

まずは、以下のチャートをご覧ください。

MT4フィボナッチエクスパンションの引き方③

既に引かれたフィボナッチエクスパンションをダブルクリックします。

すると、フィボナッチエクスパンションが選択状態に入り、3点に小さな〇が表示されます。

次に、調整されていない3点目(一番右側)の〇を選択して、ドラッグしたまま押し目(戻り目)へ移動させます。

すると、以下の画像のように正確なフィボナッチエクスパンションを表示させることができます。

MT4フィボナッチエクスパンションの引き方④

プライスも綺麗に反応していますね。

鉄板のフィボナッチエクスパンション数値設定は?

フィボナッチエクスパンションの鉄板の数値設定を以下にまとめておきました。

鉄板と言っておきながら、MT4ではデフォルト状態で最初から設定されていますが・・・

・61.8%
・100%
・161.8%

[61.8%][100%][161.8%]は、黄金比率なので、世界中のトレーダーが意識している決済ポイントです。

まずは、この3点を抑えおけば、フィボナッチエクスパンションをうまく活用することができます。

補足
もっと細かく設定したい場合は、[78.6%][127%][261.8%]などの数値を追加しても良いでしょう。
この数値は、ハーモニックパターンで利用されるものです。
フィボナッチレベルの追加方法

フィボナッチレベルの追加方法は、

[①フィボナッチエクスパンションをダブルクリックで選択状態にする]>[②右クリック]>[③Expantionプロパティ]>[④追加]>[⑤レベル設定|説明を編集]

の手順でフィボナッチに新しいレベルを追加することができます。

フィボナッチエクスパンションの基本的な利用手順

フィボナッチエクスパンションは、

  • 上昇や下降などのトレンドがはっきりしている
  • 高値と安値がはっきりしている

相場状態に利用すると機能しやすいです。

フィボナッチエクスパンションは、基本的に決済目安として利用します。

まずは、簡単な利用手順をまとめておきますね。

手順①|明らかなトレンドを見つける
手順②|押し目買い(戻り売り)でエントリーをする
手順③|エントリー後にフィボナッチエクスパンションを引いて決済ポイントを分析する
手順④|フィボナッチエクスパンションを参考に決済をする

それでは、画像を確認しながら手順を追っていきましょう!

フィボナッチエクスパンションの基本的な使い方②

手順①|明らかなトレンドを見つける

例えば、相場があきらかなアップトレンドであれば、今後も上昇トレンドが続く可能性が高いですよね。
高値と安値がはっきりしていれば、多くのトレーダーがその高値と安値を意識することにつながります。

手順②|押し目買い(戻り売り)でエントリーをする

その後、価格は調整したので、押し目買いでエントリーします。

手順③|エントリー後にフィボナッチエクスパンションを引いて決済ポイントを分析する

決済ポイントとして、フィボナッチエクスパンションの[61.8%][100%][161.8%]を参考に決済の準備をしましょう!

手順④|フィボナッチエクスパンションを参考に決済をする

フィボナッチレベルまで価格が到達したら、プライスアクションを確認して、反応するようであれば決済します。
トレンドが強い場合は、分割決済で様子を見るのもひとつの選択肢です。

以上が、フィボナッチエクスパンションの基本的な使い方です。

さて、次の項目では、 フィボナッチエクスパンションを利用している方でもあまり知られていない応用的な使い方を紹介します。

上級者は使っている!フィボナッチエクスパンションの応用的な利用方法

最後に、フィボナッチエクスパンションを上級トレーダーが、どのように利用しているか解説していきます。

この内容をマスターすると、エントリーポイントを厳選できるようになります。
また、レンジ相場もピンポイントでエントリーできるようになります。

それでは、本題に入ります。

応用的な利用方法は、正直いくつもありますが、ここでは、2点に絞ります。

①フィボナッチエクスパンションの重複

②フィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレースメントのシンクロ

それでは、ひとつずつ解説していきますね。

①フィボナッチエクスパンションの重複

フィボナッチエクスパンションの重複は、非常に強い抵抗帯になります。

フィボナッチエクスパンションの重複とは、それぞれ異なったスイングから引いたフィボナッチエクスパンションのレベルが重なることを言います。

言葉で説明されても、分かりずらいと思いますので、以下の画像をご覧ください。

フィボナッチエクスパンションの重複①

赤色のエクスパンションは適当に引いているように見えますが、上位足の高値と安値から引いたフィボナッチエクスパンションです。

そして、青色のフィボナッチエクスパンションは、現在見ている基準足のフィボナッチエクスパンションになります。

お互いのフィボナッチレベル[61.8%]が重複(非常に近い)しているのが分かるでしょうか。

それぞれの時間足を見ているトレーダーが、同時にフィボナッチエクスパンション意識しているので、重複ポイントは、強烈な抵抗帯になります。

その後、プライスは跳ね上げられていますね。

このような場面は、チャート上で多々存在します。

ですので、フィボナッチエクスパンションの重複レベルは見逃さないように注目しておきましょう!

フィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレースメントのシンクロ

先ほどのフィボナッチエクスパンションの重複と同様に、フィボナッチリトレースメントとのシンクロもエントリーポイントとして注目されています。

まずは、以下のチャートをご覧ください。

フィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレースメントの重複

上位足のフィボナッチリトレースメント61.8%

基準足のフィボナッチリエクスパンション100%

が重複していますね。

ディナポリ手法アグリーメントが機能する

このポイントは絶好のエントリーポイントになります!

なぜなら、新規の押し目買いの注文と決済の買い注文が同時にオーダーされるポイントだからです!

 

実は、この手法は、フィボナッチの天才ディナポリ氏のアグリーメントという手法で紹介されています。

ディナポリ手法については、【ディナポリ手法③世界中が注目するフィボナッチ黄金比率の強力バリア】で詳しく解説しています。

 

最後に、ディナポリの手法を越える手法を解説しますね!

 

フィボナッチエクスパンションを利用した最強反転ゾーンを導き出す手法

ハーモニックパターン手法の基本の解説

フィボナッチエクスパンションの記事を、ここまでお読みになった方には、是非マスターして頂きたい手法があります。

この手法は、フィボナッチを利用した強力反転ゾーンを導き出す手法になります。

そう、ディナポリ手法よりです!

フィボナッチに興味を持ち、フィボナッチを習得したその先に、必ずたどり着く手法になります。

それが、『ハーモニックパターン手法』です。

3つの波のパワーのエネルギーをフィボナッチで分析し、強力な反転ゾーンを高確率で導き出す手法になります。

この強力な反転ソーンのことをPRZと呼びます。

PRZとは

PRZ=ポテンシャルリバーサルゾーン

(潜在的反転ゾーン)

このPRZはかなり高い確率で反転してくれるので、欧米では非常に人気の手法になります。

先回りしてPRZを分析することで、非常に利益率の高いトレードが期待できます。

以下の記事で、分かりやすく解説していますので、参考にしてください。

  • ハーモニックパターンとは?
  • ハーモニックパターンの特徴
  • ハーモニックパターンの魅力
  • ハーモニックパターンが機能する理由

まとめ

フィボナッチエクスパンションについて解説してきましたが、最後まで読んで頂いた方は、フィボナッチエクスパンションの機能性や有効性を理解して頂けたのではないでしょうか。

フィボナッチエクスパンションは、基本的には決済ポイントの目安の分析で使います。

しかし、応用的に利用すれば、エントリーポイントの分析にも利用することができます。

是非、この記事を参考にご自身のチャートでフィボナッチエクスパンションを引いて検証されてみてください。

かなり機能していることに驚かれるはずです!

この記事があなたのトレードレベルの向上のお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください