ファンダメンタル分析とテクニカル分析|おすすめの分析方法は?

FXブログ 初心者 ファンダメンタル分析とテクニカル分析

FXで大負けをした時、トレードと真剣に向き合う時がきます。

『これ勉強しないと勝てないぞ!』

まず、FXを学び始めると、相場を分析して予想をたてる方法として2つの分析方法と出会うことになります。

『ファンダメンタル分析』と『テクニカル分析』ですね。

分析方法はこの2つのグループに大きく分けられます。

今回は、この2つの分析方法の違いや、一般のトレーダーが、どのように活用していけばいいのか?を解説していきます。

 

ファンダメンタル分析

『為替相場は世界中で起こる様々な要因で変動するので、その要因を重視した分析方法の事』をファンダメンタル分析と呼びます。

堅苦しく説明するとこのような表現になってしまいます。

つまりのところ、世界中で起こっている様々な要因が為替相場を動かしているよ!ってことです。

例えば、

【経済指標】
アメリカのGDP(国内総生産)や雇用統計など、良い評価が出れば米ドルが買われる傾向にあります。
他にも、貿易収支や失業率、消費者物価指数や住宅販売件数など多くの経済指標が各国で毎日発表されています。

【金融政策】
中央銀行が行う金融政策も為替相場には大きな影響を与えます。
例えば、アメリカの金利が上がれば、ドルを持っていれば高い金利が見込めるのでドルが買われる傾向があります。

【要人発言】
最近で大きなインパクトを与えたのは間違いなく『黒田バズーカ』でしょう。
黒田日銀総裁が記者会見で「異次元規模の緩和」と説明したことによって加速度的に円安が進みました。

(参考)
FXブログ 初心者 要人発言

他にも、景気や株価、天災、戦争やテロ、原油価格や金価格、為替介入など、あげるとキリがありません。

つまり、ファンダメンタルとは相場に影響するあらゆる事象を根拠に分析する方法の事です。

 

テクニカル分析

テクニカル分析とは、チャート(価格)を見て、過去に起こった傾向やパターンから相場を予測する分析方法になります。

一般投資家の私たちが、経済指標や世界の情勢をいち早く知ることは出来ません。

そういう理由もあり、近年ではほとんどのトレーダーがテクニカル分析を重視したトレードを行っています!

テクニカル分析では、多くのインジケーター(指標)やチャートパターンや手法が存在します。

インジケーターひとつとっても、トレンドラインやフィボナッチなどの先行指標や、移動平均線やRSI、ストキャスティクスなどの遅行指標がたくさん存在しています。

チャートパターンもWトップやヘッド&ショルダー、ウェッジやフラッグなど他にもたくさん。

更に、ローソク足を使った分析方法や時間やサイクル(周期)を使った分析方法もあります。

詳しくは
テクニカル分析にまとめてあるので、参考にして下さい!

テクニカル分析は、短期的な値動きを予測したり、具体的なエントリーポイントや決済ポイントを決めるのに必要な分析方法になります。

多くのトレーダーは、自分の得意なテクニカル分析を確率しています。

 

市場テーマ

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の他にもうひとつ知っておきたい分析があります。

それは【市場テーマ】です。

ファッションにもトレンドがあるように、相場にも流行りがあると言う事です。

市場が今、何に注目しているのか?世界中のトレーダーは何を意識しながらトレードをしているのか?

その市場テーマは相場の方向に大きく影響してくるので、最低限の旬な情報は知っておく必要があります。

最近のテーマで言うと、

『リーマンショック』『東日本大震災』『スイス中央銀行、対EURO無制限介入実施』
『日銀大規模量的緩和|黒田バズーカー』『イギリス、ユーロが離脱』・・・

が相場を大きく動かした市場テーマでした。

常に市場はテーマ(流行り)を持って動いています。そのテーマが今現在何なのか?を意識しながら、トレードしていきましょう。

 

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の活用方法

テクニカル分析派は、『全てはチャートに織り込まれている!』『テクニカル分析が全て!』。
反対にファンダメンタル分析派は、『全てはファンダメンタルにある』『チャートはランダムウォークしている。』など意見は様々。

どちらが大切なの?この討論に実は答えはありません。
なぜなら、どちらも正しいから・・・

世界中には両分析方法のどちらにも利益をあげているトレーダーがいるということです。

それでは解決にならないので、一般的な個人トレーダーはどうしたらよいのか一例を出したいと思います。

【ファンダメンタル分析】
相場の大きな流れを分析し、中長期的な戦略を考える。
最低限市場テーマを意識する。

そして、

【テクニカル分析】
エントリー(注文)やエグジット(決済)などのシナリオを考えて、短期的な戦略に役立てる。

以上のように、ファンダメンタル分析を長期。テクニカル分析を短期&トレードルール。

このように2つに分けて相場を分析するのがベストでしょう。

 

最後に

ファンダメンタル分析は個人トレーダーには少し難しいところもありますし、そもそも情報が早い段階で入ってくることはまずありえません。

ですので、最低限の市場テーマと重要指標だけ意識していれば大丈夫です!

私は2~3日ポジションを保有する短期的なスイングなので、上記の様な感じで分析しています。

スキャルピングやデイトレードをされる方であれば、ファンダメンタル無視の、テクニカル分析オンリーで問題ないと思います。

是非、自分に合う分析方法に磨きをかけて下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.