プロフィール

以前は私も安定して勝てないトレーダーでした。

知識も技術も何ひとつないトレーダーで、当時を振り返ると、とても恥ずかしく、とても恐ろしく、そして少し懐かしく感じます。

その後、3人のプロトレーダーとの出会いで、私は勝つ為のすべてを指導して頂き、安定して勝てるトレーダーへと急成長していきました。

『FXは才能やセンスがないと勝てないのではない。』
『正しい方向に正しい努力の仕方がある。ただそれを知らないだけなんです。』

現在、FXをキャッシュフローのひとつにして資産を構築中。

エイク(英駆)40歳 

節約か?増収か?

21世紀に入り、平成のバブルがはじけて、私達の学生時代の就職率は戦後最悪を更新。
やりたい仕事ではなく、入社できる会社を選ぶ時代に就職活動しなければいけませんでした。

今現在も、空白の20年と呼ばれるくらい日本は成長する気配もなく、給料もベースアップしていたら御の字の時代突入。
上がったところで2000円~3000円が平均ですから、父親の時代とは大違い。

日本の財政も非常に厳しく、年金、税金、介護、医療と、私たちにのしかかる負担は増える一方。

同時に、私生活では、家庭を持ち子供が産まれ、習い事や進学、同時に親への仕送り。

どれだけ働いても、収入は増えないのに支出は増える一方。


私が子供の頃、

『働くパパは~ちょっと違う~』忌野清志郎の曲がCMで流れていたバブル時代は、好きな仕事をして、お金持ちで、17時からは銀座に飲みに行く。
父親が自由でカッコ良くて、本当に羨ましかったものです。

『早くそんな大人になりたい!』、そう思っていました。


しかし、自分が父親になり、子供の頃に夢に描いた理想は、現実になることはありませんでした。

給料が上がらないのにサービス残業当たり前。
こんなにお父さんはお仕事を頑張っているのにお小遣い制。

子供たちのためにも、家族旅行に連れていきたいけど、行きたい場所と行ける場所にはギャップがあります。
住みたい家と住める家。乗りたい車と乗れる車。やりたい事と出来る事。全てにギャップが存在していました。

そこには、私が子供の頃、夢に描いていたバブル時代のカッコ良い大人の世界は存在していませんでした。

私たちに与えられた選択肢は2つ。
出費を節約する生き方と、収入を増やす生き方のふたつにひとつ。

常識が変わった瞬間

たまたま入った書店で手にとった本が『金持ち父さん貧乏父さん』というタイトルのビジネス書でした。

当時は第1シリーズが日本に上陸したてで、店頭に山積み状態におかれていたので、私は引き寄せられるように立ち読みし始めました。

今では世界的なビジネス書のひとつとして有名になり、多くの方が読んだ事のある本だと思います。

【金持ち父さん貧乏父さん】
国(年金)や会社(終身雇用、年功序列)ではなく、自分を守れるスキルが必要!
収入の質を変えろ!自分のビジネスを持て!
キャッシュフローをいくつも持つ必要がある時代

そこにはお金や時間の支配から解放された自由人になるための考え方が網羅されていて、当時の私には、とても衝撃的な内容でした。

そんな時に出会ったのがFXでした。

ビジナーズラックが地獄の始まり

プロフィール|初心者時代

書店でFXの初心者本を軽く読んで、口座に入金し心ときめかせながらトレード開始。
ドキドキしながらドル円を買ったり売ったり、いつの間にかPCに張り付きFXが中毒化してました。
当時はまだレバレッジ規制がかかってない時代でしたので、何も分かってない私は、小資金でハイレバレッジ取引。
プラットフォームの取引残高は、秒速で数万円単位の金額が増えたり減ったり表示されていました。
初めはドキドキしていた取引も、毎日取引しているうちに、そのドキドキもなくなり、金銭感覚も狂っていました。

ど素人時代の最初の結果は・・・

20万円の証拠金が、なんと1週間ほどで300万円に!

なんてFXは楽しくて簡単なんだと感動しました。

しかし、トレードがそんな甘い世界ではない事を気付くのに、時間はかかりませんでした。

怖いもの知らずの素人トレーダーだった私は、更にレバレッジ上げて取引すればもっと資金が増えると考えました。

100万通貨⇒200万通貨⇒300万通貨…

秒速で数十万円単位の金額がピコピコ増えたり減ったりしていました。
証拠金が-20万円⇒-50万円⇒-100万円⇒-200万円と、どんどん減っていくのを見た時は、さすがに心臓の鼓動が全身に響くくらい激しく高鳴っていたのを、今でも鮮明に覚えています。

そんなスリル満点のトレードを数日間繰り返し、私は、証拠金を全て失いました。

証拠金が全て溶けて、気付いたんです。

私はお金を増やすためにトレードしていたのではなく、そのスリルを味わう為にトレードしていたんだと。

『才能や資金力がないとFXで成功は難しい。そもそも自分には向いてないし、センスないわぁ。ヤメヤメ!』

・・・と、あきらめがつけばよかったのですが、私はどうしてもそのように思えなかったんです。

それは相場の世界には、確かにFXで勝っている勝ち続けている人達がいるという事実が存在するからです。

だから私はどうしてもあきらめることができませんでした。

勝つための何かが必ずあるはず!
それを知りたい!

この大負けがFXを本気で勉強し始めるきっかけでした。

その後、FX商材や高額塾にもたくさん投資しました。
本気で勉強したはずなのに、それでも勝てない。トレードしても資金を飛ばす連続。
結局、トレード+勉強代含め投資した金額は1,000万円近くになったと思います。

やっぱりFXにはセンスや才能がいるのかも・・・

運命の時

プロフィール

そんな時でした。
ある日、取引先で出会った方で、その方もFXをされていたので、すぐに意気投合しました。
話をしていて驚いたのは、その方はなんとFXを始めてたったの1年で、安定してプラス収益を出していたんです。
私の今までの事情を説明するとその方の善意で、

『この人は本物だから会ってみたら?』

と紹介してもらうことになりました。

私は大阪に住んでいたんですが、すぐに東京まで会いに行きました。
その方は元某ファンドのディーラーで、今はゆったりとお家で専業トレーダーとしてFXや先物、株式投資をされており、趣味も多く毎日楽しく自由に生活をされていました。

お家まで招待して頂いたのですが、素敵な家庭もお持ちで、カッコいいイクメンパパでもありました。

トレードの知識やスキル、実績だけでなく、人間性も本物でした。


私はダメ元で聞きました!

『私にトレードを教えて下さい!』

投資家『いいですよ。』

『えっ...?』


予想外にあっさりYESが取れました...が、予想外の予想外・・・それは提示された授業料でした。
巷の高額塾が可愛く見えちゃうくらいの価格・・・

正直迷いました。金額が金額だけに家族の生活の事も考えました。そして教えてもらったところで勝てる保証もないわけで・・・

昔読んだビジネス書のフレーズが心に響いてました。

『やった後悔よりやらなかった後悔の方が辛いはず。』

『誰と出会って何を選択するか?その連続で人生は決まる!』

二度とこんなチャンスは巡ってこないかもしれない!

今が、人生の分岐点なのかもしれない!

そう思った私は、長い負け組時代にピリオドを打つために、勇気を出してそのプロトレーダーからトレードを教えてもらうことを決断しました。

劇的な成長

成長と成功

トレードの考え方や取り組み方、チャートの分析の仕方、そしていくつもの手法を丁寧に教えて頂きました。

同じチャートなのに見え方に変化が!
平常心でトレード出来る!
勝てる場所がわかる!
見える!分かる!勝てる!

語り尽くせないくらいの変化が起こり始めました。

あんなに辛かったFXが楽しくなった瞬間でした。

その後と現在

その後、私はさらに2人のメンターと出会い、新しいスキルや手法、そして勝ち続けるトレーダーとしての正しい考え方に磨きをかける事になります。

現在、オリジナルの手法にカスタマイズし、1日30分ほどのトレードで本業以上に収益を出せるトレーダーへと変貌!

現在、FXとご教授頂いたメンターのおかげで、あの時書店で出会った『金持ち父さん貧乏父さん』の教えの通り、キャッシュフローをいくつか構築する事が出来ました。

そして、なにより子供の頃に夢に描いていたカッコ良い父親にも、少しは近づけたのではないでしょうか。

嫁が夢見ていた、夜景を一望することができるタワーマンション、子供たちが行きたがっていた海外旅行、世界一安全なドイツ車も。
たまに、こっそりくり出す夜の街も。

すべて手に入れることができました。

両親と過ごせるのもそう長くはありません。毎月の仕送り、年に数回の両親との温泉旅行。
親孝行は親のためではなく自分の為に。後悔しないためにも、全力で親孝行もできる身分になりました。

コントロールすることができる経済力

拘束されることのない自由な時間

そんな理想を現実にすることができる力を手に入れられたのは、

すべて、あの時のメンターとの出会いとチャレンジしようと思えた選択のおかげです。

最後に

『FXで勝つために必要なものは何なのか?』

当時の私と同様、多くの勝てないトレーダーが、その答えを探し続けていることでしょう。

新しい商材を買って自分に合う手法を探すことなのでしょうか?
インジゲーターを重ねて聖杯を見つけることなのでしょうか?
大金を払って高額塾で誰かに勝たせてもらうことなのでしょうか?

その答えに辿りついた時、私は勝つ為の真のライセンスを手に入れたように思います。

3人のプロトレーダーが教えてくれた大切な事。そこには驚くほど多くの共通点がありました。
それこそが、勝つために必要な知識であり、知らなければいけない真実なんです。


FXをしていると、どうしてもトレードで勝つ為に多くのお金や時間を使うようになってしまいます。

それ自体が悪いことではないですが、FXは何かを得るための手段であり目的ではないんです。

今ある資金や時間をもっと大切な事に使って欲しいんです。

家族との時間や友人との時間を大切にしながら、確実に資産を増やし続け、自分と家族の夢を叶える生き方を一日でも早く手に入れて欲しいと思っています。

私にも出来た、それはあなたにも必ず出来るという証明です。

メンターが私に教えてくれた大切な事を、今度は私があなたに伝えていきます。
そして一人でも多くの方の人生に影響を与える事が出来れば、それこそがメンターへの恩返しになると信じています。

このブログがあなたのトレード人生の一助となれば幸いです。