MT4(メタトレーダー4)のチャートが動かない時の原因と解決方法

MT4(メタトレーダー4)を起動したのに、なぜかチャートが動かない。

MT4を使い始めて、間もないときであれば少し焦りますよね。

でも、安心して下さい。誰もが一度は経験するもの。

チャートが動かない原因も大した理由じゃない場合がほとんどですし、解決方法もいたって簡単。

『すぐに解決できます。』

と言うことで、今回は、MT4のチャートが動かなくなった場合の原因と対処法を解説していきます。

この記事が、あなたのトレードライフの向上のお役に立てれば幸いです。

MT4が正常に動作している場合

まずは、MT4が正常に動作している場合を確認しておきたいとおもいます。

基本的に、MT4が正常に動作しているときは、常に最新情報が更新され続けています。

・起動したら『ティロ~ン』と効果音がなる。

・チャートの価格が常に更新されている。

・トップ画面右下『〇〇/〇kb』に数字が表示されている。

MT4 動かない

以上のようなことが確認できれば、MT4は正常に動作しています!

 

MT4のチャートが動かないときの対処法

MT4動かない理由①|無効な口座

正常に起動したら『ティロ~ン』と爽やかな効果音がなるのに対して、『ボヨヨヨ~ン』と、まぬけな音がしたときはトップ画面右下を確認して下さい。

『無効な口座』と表記されているはずです。

MT4 動かない

『無効な口座』の場合2つの原因が考えられます。

【ログイン情報が間違っている(リアル口座の場合がほとんど)】

デモ口座の場合、デモ口座を開設した時点で自動でログイン情報が保存されているので、ログイン情報が間違っていてMT4が動かないのはリアル口座の場合がほとんどです。

ログイン情報が間違っているときは、【ファイル】⇒【取引口座にログイン】から正しいログインID、パスワード、サーバーを選択して下さい。

リアル口座で『無効な口座』が表示された場合は、ログインID、パスワード、サーバーのどれかが間違っています。

特にリアル口座の場合、似た名前のサーバーがいくつもあるので、サーバーの選択を間違えるケースがあります。注意して選択してください。

もし、正しいログインID、パスワード、サーバーが分からない場合は、リアル口座開設時に届いたメールに、ログインID、パスワード、サーバーが記載されているので、あせらずメールを確認してみて下さい。

それでも、分からない場合はFX会社に問い合わせですね。

デモ口座の有効期間が過ぎている

デモ口座で『無効な口座』と表示された場合は、ほとんどの場合、デモ口座の有効期限切れが原因です。
(※デモ口座開設時に、自動でログイン情報が保存されているのでログイン情報が間違っている可能性はほぼないです。)

MT4のデモ口座の使用期間は30日と決まっています。

この場合の解決策はとても簡単。

再度デモ口座を申請する。

デモ口座の申請の方法は【MT4の無料ダウンロード方法からインストール、デモ・リアル口座まで日本語ですべて解説】で解説しています。

MT4動かない理由②|回線不通

MT4のトップ画面右下を確認してみると『回線不通』と表示されている場合。

MT4 動かない

『回線不通』の場合に考えられる原因は3つあります。

 

サーバーが不安定で接続出来ていない

業者のサーバーが何らかの原因でダウンしています。

特に、デモ口座の場合、リアル口座に比べるとサーバーがダウンすることがよく見受けられます。

無料で使用させてもらっているので、贅沢は言えないですが。

もし、あまりにも不安定な状態が続くようであれば、リアル口座の開設をオススメします。無料ですしね。

デモ口座の再申請とおすすめのリアル口座の申請は【MT4の無料ダウンロード方法からインストール、デモ・リアル口座まで日本語ですべて解説】詳しく解説しています。

 

問題は、リアル口座でサーバーがダウンした場合です。

デイトレやスキャルピングなどをしていてサーバーがダウンしてしまったら、命取りです。

1~2分でサーバーは回復すると思いますが、それでも回復しない場合はオフィシャルサイトでメンテナンス情報を確認してください。

私なら、リアル口座でサーバーがダウンした段階で、そのFX会社の口座を使うのはやめます。

 

ネット回線が切断されている

PCに接続しているネット回線が、たんに切断されている。

LANケーブルや、無線LAN、モバイルWi-Fiなどの接続状態を確認してみましょう。

 

デモ口座の有効期間が過ぎている

もし、お使いのMT4がデモ口座で『回線不通』と表示された場合、『無効な口座』同様、デモ口座の有効期限切れが考えられるので、再度デモ口座を申請して下さい。

MT4動かない理由③|土、日もしくはクリスマス、年末、元旦

マーケットが開いていない土曜日や日曜日は当然チャートは動きません。

土曜日や日曜日以外にも、価格がほぼ動かない特殊な日もあります。

まずはクリスマス!

25日のクリスマスは終日休業するFX会社(ブローカー)が増えます。

理由は、日本以外のほとんどの市場がお休みで、流動性(取引量)が著しく激減するからです。

正確にはチャートは動いているのでしょうが、一瞬止まって見えてしまうほどの取引しか行われていません。

年末年始も同様に流動性が著しく低下します。

31日の大晦日はニューヨーク市場が終わる(1日早朝)まで取引出来ますが、さすがの元旦は世界中の市場がお休みです。

市場が動いてなければ、MT4はもちろんのこと、世界中のどんなチャートもお休みですね。

MT4動かない理由④|MT4が重くてフリーズしている

MT4が重い、固まる、反応遅い・・・

MT4がフリーズ状態で動作しない。

自作もしくは、誰かが作ったインジケーターをチャートに詰め込みすぎて、MT4がフリーズしてしまうことがあります。

それ以外にも、原因は様々。

MT4がフリーズした場合の解決方法は【フリーズ状態の重いMT4を簡単に軽くする8つの解決方法】で詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

まとめ

MT4が動かない原因をまとめてみます。

  • ログイン情報が間違っている。
  • デモ口座の有効期限が切れている。
  • サーバーが不安定で接続出来ていない。
  • ネット回線が切断されている。
  • マーケットが休日。または、流動性が極めて低いクリスマスと年末年始。
  • インジケーターが重くてフリーズしている。

以上のいずれかが原因です。

原因も解決方法も簡単でしたね。

デモ口座で何かトラブルがあれば、とにかく新しいデモ口座を申請しなおす!

リアル口座で、サーバーがダウンするようであれば、違うFX会社も検討してみる!

誰もが、一度は、上記の理由でMT4が動かない場面に出くわします。

一度、トラブルが起こって解決してしまえば、次に同じことが起こっても落ち着いて対処出来るようになりますよね。

この記事が、あなたのトレードライフの向上のお役に立てれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.