MT4(メタトレーダー4)の使い方|カスタムインジケーターをMT4に追加導入する方法

MT4(メタトレーダー4)の最大の特徴のひとつにインジケーターのカスタマイズがあります。

MT4の標準装備だけでも50種類以上あり十分なのですが、それだけではMT4を使っているメリットが半減しちゃいます。
世界中のトレーダーが制作した無料インジケーターがネット上で無料配布されていたり、有料ではありますが、検証する時やテクニカル分析などで便利なカスタムインジケーターがたくさんあるので、MT4を使用していたら、使わない手はないです。

最初からMT4に標準装備されていたインジケーターはアイコンから呼び出すだけでしたが、

『外部から入手したインジケーターはどうしたら自分のチャートに表示出来るの?』

そこで、今回は外部から入手したインジケーターをMT4に追加導入の方法を解説していきたいと思います。

 

MT4カスタムインジケーターの導入方法

外部からインジケーターの入手方法は、インターネットで無料ダウンロードか、もしくはどこかのサイトで購入になると思います。入手したインジケーターはex4ファイル(○○.ex4)になってますので、デスクトップなど、分かりやすい場所に保存しておいて下さい。

今回は『RCI』というインジケーターをMT4に導入してみようと思います。

①デスクトップにインジケーターのファイルを保存しておく。(※ファイルを呼び出せたらどこでも構わないです。)


MT4 使い方 インジケーター

②『ファイル』⇒『データフォルダを開く』を選択して下さい。


MT4 使い方 インジケーター

③『MQL4』をクリックしてください。


MT4 使い方 インジケーター

④『MQL4』クリック⇒上記の画面になり『Indicators』というフォルダーがあります。


MT4 使い方 インジケーター

⑤『Indicators』フォルダーにはMT4の全てのインジケーターが保存されているので、『Indicators』ファイルに外部から入手したカスタムインジケーターをコピー&ペースト、もしくはドラック&ドロップで保存して下さい。

 

MT4 使い方 インジケーター

※確認したい場合は『Indicators』フォルダを開くと、MT4に保存されているインジケーター一覧が表示されるので、導入したいインジケーターがあるか(今回の場合『RCI』)確認してみてください。


【重要】再起動する。

『Indicators』フォルダの中に『RCI』が確認出来ても、まだインジケーターをチャートに表示することが出来ません。

一度、MT4を閉じて、再度MT4を立ち上げて下さい。インジケーターを追加導入する度にこの作業が必要になります。


⑦インジケーター(RCI)を表示してみます。

MT4 使い方 インジケーター

今回は【ナビゲーター】からインジケーターを表示させてみます。

【ナビゲーター】のアイコンをクリックすると画面左に【ナビゲーター画面】が表示されますので、【インジケーター】⇒【RCI】をチャートへドラック&ドロップして下さい。

RCIが表示されましたね!

 

最後に

世界標準のチャートシステムだけあって、インターネット上にはMT4専用のカスタムインジケーターがたくさんあります。

そんな外部から入手したインジケーターの追加導入は少し複雑だったかもしれませんが、これからいくつも新しいインジケーターをMT4へ追加していくと思いますので、分からなければその都度このページを参考にしてチャレンジしてみて下さいね。

追伸:インジケーターだらけのチャートにならないようにご注意を!(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。