MT4のスマホ版アプリ|インジケーターの追加・編集・削除する方法【図解】

MT4スマホアプリのインジケーター

たくさんの機能が装備された本格的なMT4スマホアプリ!

インジケーターの種類や描写もかなり本格的です。

チャートにインジケーターを追加・編集してPC版MT4と同じ仕様にすることも、もちろん可能です!

今回はMT4スマホアプリ|インジケーターの追加・編集・削除する方法を分かりやすく解説していきます。

MT4のスマホ版アプリのインジケータの紹介

MT4スマホアプリには、他のFXアプリにはない、多くのインジケーターが存在します。

MT4スマホアプリには、世界で最も人気のある30種類のテクニカルインジケーターが用意されているので、インジケーターに困ることはほとんどないです。

そこで、まず初めにMT4スマホアプリには、どのようなインジケーターが用意されているか確認しておきます。

MT4のスマホ版アプリに搭載されているインジケーター

トレンド系インジケーター
Average Directional Movemenct Index ADX
Bollinger Bands ボリンジャーバンド
Envelopes エンベロープ
Ichimoku Kinko Hyo 一目均衡表
Moving Average 移動平均線
Parabolic SAR パラボリック
Standard Deviation 標準偏差

 

オシレーター系インジケーター
Average True Range アベレージ・トゥルー・レンジ
Bears Power ベアーズ・パワー
Bulls Power ブルズ・パワー
Commodity Channel Index 商品チャネル指数
DeMarker デマーカー
Force Index 勢力指数
MACD MACD・マックディー
Momentum モメンタム
Moving Average of Oscillator 移動平均オシレーター
Relative Strength Index RSI・相対力指数
Relative Vigor Index RVI・相対活力指数
Stocastic Oscillator ストキャスティクス
Williams’Percent Range ウィリアムズパーセントレンジ

 

ボリューム系インジケーター
Accumulation/Distribution 蓄積/配信
Money Flow Index マネー・フロー・インデックス
On Balance Volume オン・バランス・ボリューム
Volumes ボリューム

 

ビル・ウィリアムズ・インジケーター
Accelerator Oscillator アクセレレーター・オシレーター
Alligator アリゲーター
Awesome Oscillator オーサム・オシレーター
Fractals フラクタル
Gator Oscillator ゲーター・オシレーター
Market Facilitation Index マーケットファシリテーションインデックス

 

まぁ・・・たくさんのインジケーターがありますね。

ここまでたくさんのインジケーターが用意されているFXプリケーションのは、間違いなくMT4だけでしょう。

MT4のスマホ版アプリのカスタムインジケーターと代替案

ここで、スマホアプリの欠点がひとつあります。

30種類のインジケーターが既存で装備されているんですが、MT4スマホアプリではカスタムインジケーターをインストールすることはできません。(スマホアプリは、windowsでもMacでもないのでしょうがないです。)

それでも、出先でカスタムインジケーターでチャート分析したい場合は、2つの代替案があります。

  • VPSにリモート接続して、リモートPC上でMT4のチャートを操作する。
  • PC電源を常にON状態にしないといけないですが、TeamViewer等を使用して、MT4のチャートを操作する。

VPSを使ったリモートデスクトップについては、【MT4を24時間稼働させる理由をFX初心者にも分かり易く解説】で分かりやすく解説しています。

メインチャートとインジケーターウィンドウ

まず画像をご覧ください。

メインウィンドウとインジケーターウィンドウ

MT4スマホアプリのチャート画面は、大きく2つのウィンドウに分かれています。

【メインウィンドウ】と【インジケーターウィンドウ】です。

(※まだインジケーターを追加してないときの、デフォルト状態ではインジケーターウィンドウは表示されていません。)

インジケーターも【メインウィンドウ】に導入するインジケーターと、【インジケーターウィンドウ】に追加するインジケーターの2つに分かれています。

メインウィンドウに追加するインジケーター

メインウィンドウに追加するインジケーターは、画像を見ても分かるとおり、ローソク足(バーチャートやラインチャート)などの値動きと連動してチャート上に描写させたいインジケーターになります。

※MovingAvarage(移動平均線)やボリンジャーバンド、一目均衡表などが代表的なインジケーターになります。

インジケーターウィンドウに追加するインジケーター

インジケーターウィンドウに導入するインジケーターですが、こちらも画像を見ても分かる通り、チャートの下部に表示されるインジケーターになります。基本的にはオシレーター系インジケーターを表示させるのが一般的です。

※RSI、MACD、ストキャスティクスなどが代表的なインジケーターになります。

MT4のスマホ版アプリのメインウィンドウにボリンジャーバンド1σと2σを追加する方法

さて、ここからは本格的にチャートにインジケーターを追加する方法について解説していきます。

まずは、メインウィンドウにインジケーターを追加してみます。

ここでは、ボリンジャーバンド1σと2σの追加の方法を解説していきます。

ボリンジャーバンド2σをMT4スマホアプリのチャートに追加する

まずは画像をご覧ください。

インジケーター追加

①[チャート画面]の上部のメニューバーから[f]をタップする。

②[インジケーター]画面に移動するので、[メインウィンドウ]をタップします。

③[インジケーター追加]画面よりBollingerBand(ボリンジャーバンド)をタップします。

④期間・偏差・スタイル(色や太さ)を変更して

⑤[完了]ボタンを押すとボリンジャーバンドがチャートに描写されています。

 

ちゃんとボリンジャーバンド2σが追加されていますね。

さらにボリンジャーバンド1σを重ねて追加してみましょう!

ボリンジャーバンド1σをMT4スマホアプリのチャートに追加する

次は、ボリンジャーバンド1σをMT4スマホアプリに追加してみましょう。

要領は先程のボリンジャーバンド2σを追加した手順とほぼ同じです。

それでは画像をご覧ください。

MT4スマホアプリのインジケーター追加

 

 

①~③はボリンジャーバンド2σを追加したときの手順と全く同じです。

④偏差を[2.00⇒1.00]へ変更してください。

⑤[完了]ボタンでボリンジャーバンドがチャートに追加されています。

MT4スマホアプリのボリンジャーバンド②

画像のようにボリンジャーバンドが追加されました。

しかし、ボリンジャーバンド1σと2σが、どちらも緑の実線だと、なんだか見えにくいですよね。

はい。それでは、次はメインウィンドウのインジケーターの色や太さを変更する方法について解説をしていきますね。

MT4のスマホ版アプリのインジケーターの色や太さを変更する方法

ボリンジャーバンドをチャートへ追加する方法は先ほど解説しました。

次は、追加したインジケーターの色や太さを変更する方法について解説をしていきます。

以下のようにボリンジャーバンドを変更したいと思います。

  変更前 変更後
緑 細線 赤 細線
緑 細線 青 太線

それでは変更手順を解説していきますね。

ボリンジャーバンド2σの色と太さの変更

まずは、画像をご覧ください。

MT4スマホアプリの色と太さの変更

①[インジケーター]画面よりボリンジャーバンドをタップしてください。

(※ここで注意しなければいけないことがあります。設定した数値(1σなのか2σなのか)は[インジケーター]画面では表示されていません。確認したければ一度タップして確認してください。もしも、選択したインジケーターが、変更したいインジケーターでない場合は、左上にある戻るボタンで[インジケーター]選択画面に戻ることができます。)

②[設定]画面より[スタイル]をタップしてください。

③インジケーターの太さの選択です。[1ピクセル(細線)~4ピクセル(太線)]まで、線の太さを変更することができます。(ここでは4ピクセル)を選択します。

④インジケーターの色の選択です。ここでは『青』を選択します。

⑤[保存]ボタンをタップすると完了です。

ボリンジャーバンド1σの色と太さの変更

ボリンジャーバンド1σの色と太さの変更はボリンジャーバンド2σのときと全く同じです。

画像をご覧ください。

ボリンジャーバンドの色と太さの変更②

①ボリンジャーバンド1σのインジケーターをタップします。

②スタイルをタップする。

③インジケーターの線の太さを選択します。(ここでは細線1ピクセル)を選択します。

④インジケーターの色を選択します。ここでは『赤』を選択します。

⑤[保存]ボタンをタップすると完了です。

それでは、変更したボリンジャーバンドを確認してみましょう。

MT4スマホアプリのボリンジャーバンド変更

どうでしょう?随分と雰囲気が変わりましたよね。

スマホの小さい画面だからこそ、色や太さを変更して、見やすいチャートにすることは心掛けたいところですね。

インジケーターウィンドウにMACDを追加する方法

さて、今度はインジケーターウィンドウへMACDを追加する方法について解説をしていきます。

こちらの追加方法もとても簡単ですが、注意点が何点かありますので、解説にそってMACDを追加してみてください。

まずは、画像をご覧ください。

MT4スマホアプリのMACD追加

①[インジケーター]画面より[メインウィンドウ]をタップしてください。

(※ここが注意点|インジケーターウィンドウにMACDを追加するわけですが、[メインウィンドウ]をタップしないと[インジケーター追加]画面に移動できません。)

②[インジケーター追加]画面より[MACD]を選択します。

③MACDのパラメーター、色、太さなどを編集して[完了]ボタンを押すとMACDがチャートに追加されています。

それでは、確認してみましょう!

MT4スマホアプリのMACD

随分とチャートらしくなってきましたね。

しかし、まだまだチャートを微調整することができます。

インジケーターウィンドウの高さが少し気になりませんか?

次は、インジケーターウィンドウの高さの調整する方法について解説していきます。

インジケーターウィンドウの高さを調整する方法

MT4スマホアプリのインジケーターウィンドウの高さが高すぎる。低すぎる。人によって好みがありますよね。

はい。めちゃくちゃ簡単に、インジケーターの高さを変更することができます!

それではさっそく解説していきますね。

まずは画像をご覧ください。

MT4スマホアプリのインジケーターウィンドウ高さの変更

①インジケーターウィンドウを長押しします。

②丸印が出てきますので、丸印をタップしたまま上下にスライドするとインジケーターウィンドウの高さを調整することができます。

③あとは、チャート画面をポンっとタップすれば、インジケーターウィンドウの高さの調整完了です。

チャートからインジケーターを削除する方法

最後にMT4スマホアプリのインジケーターを削除する方法について解説していきます。

インジケーターの削除方法はとても簡単です。

まずは画像をご覧ください。

MT4スマホアプリのインジケーター削除方法

①[インジケーター]画面より削除したいインジケーターをタップした状態で左へスライドさせてください。

②すると、削除ボタンが出てきますので、削除を押すと、選択したインジケーターは削除されます。

③[完了]ボタンをタップして終了です。

まとめ

今回はMT4スマホアプリのインジケーターの追加・編集・削除する方法について解説しました。

30種類ものインジケーターの数、パラメーターの編集、インジケーターを追加で重ねて描写することができるチャート画面。

ここまでカスタマイズすることができれば、PC版のチャートシステムと同等のレベルですよね。

特に、スマホは画面が小さいです。そんな小さな画面でチャートを確認するからこそ、インジケーターの色や太さ、インジケーターウィンドウの高さの調整などはこだわりたいところですね。

MT4スマホアプリで、他の機能が分からない場合は、こちらで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

MT4スマホアプリの使い方|永久保存版

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。