高値・安値インジケーター
『この記事を読もうと思ったあなたは、もう少しでトレードの本質を身につけることでしょう。なぜなら、あなたは、高値と安値、波とダウ理論の重要性に気付き、使いこなそうとしているから・・・』 

このMT4インジケーターSwingHL【mesen】は、明確なルールに基づいた高値と安値を点灯させてくれるだけではなく、環境認識で最も重要な、押し安値、戻り高値をラインで表示してくれます。

それによって、今現在、買い相場なのか?売り相場なのか?待ち相場なのか?を視覚的に分かるようになります。

そして、移動平均線やボリンジャーバンドなど、遅効性のインジケーターだけに頼った分析に振り回されなくなります。

相場は価格で動いているんです。その価格を根拠にした分析方法、目線の固定をしてくれるインジケーターがSwingHL【mesen】です。

理論とルールとツールが融合したMT4インジケーター

負けトレードを繰り返し、トレードを少し学習すると、すぐに環境認識やマルチタイムフレーム分析の必要性が分かります。

サイン系ツールや手法が使えないのではなく、

『どの場面、どんな環境で、そのサインや手法を適用するのかが大切なんだ。』とあなたが気付いたはずです。

そこであなたは、環境認識を勉強しはじめます。

そして、すぐにダウ理論にたどり付いたことでしょう。

『それ、正解です!』

私は、ダウ理論の重要性に気付くまでに、随分と時間がかかりました。

気付けただけまだマシかもしれません。

なぜなら、ダウ理論の重要性に気付くことができず、永遠とインジケーターだけのトレードを繰り返している方も多いはずだからです。

さて、あなたは、『ダウ理論』を『理解』したはずです。

しかし、『ダウ理論』を頭で『理解』して、あなたは、環境認識や相場分析をすることができたでしょうか?

少なくとも、私はできませんでした。

理由は、以下の通りです。

相場分析に自信が持てない理由
  • どこを高値・安値と捉えたらよいのか分からない
  • どのように環境認識をすればいいのか分からない
  • 自分の波の描き方が正しいか自信がもてない
  • 重要な高値・安値が分からない
  • 押し安値と戻り高値が分からない

高値と安値を間違えれば、波の引き方も違ってきます。

その都度、自分の都合で分析してしまえば、一貫したトレードをすることはできません。
もちろん、一貫したトレードができなければ、トレード成績も安定するどころか、過去検証すらできません。

そこで、ラリー・ウィリアムズ氏を代表に、多くのトレーダーが、高値・安値の分析手法で推奨している方法がスイングハイとスイングローです。

高値と安値をルール化することで、波の引き方もルール化することができます。

もちろん、買い目線、売り目線を固定するための、押し安値や戻り高値も、ある一定レベルでルール化することができます。

『理論は分かるが、ルールがない。ルールはあるが、ツールがない。』

多くのトレーダーがこのような悩みをお持ちのはずです。

理論とルールとツールの融合
◇ダウ理論という理論
◇スイングハイローというルール
◇MT4インジケーターというツール

MT4インジケーターSwingHL【mesen】は、理論とルールとツール、すべてフォローした設計になっています。

環境認識に自信が持てないトレーダー様は、是非、このインジケーターでトレードを鍛え上げて頂きたいです。

環境認識は高値と安値と波

『SwingHL_mesen』特徴①

明確な高値と安値を捉えるので、一貫した波を描くことができます。


FXトレードする上で、環境認識は必須です。

今現在の相場が、
・アップトレンドなのか?
・ダウントレンドなのか?
・レンジ相場なのか?

明確なルールはありますか?

もしくは、現在の相場が、
・買いなのか?
・売りなのか?
・待ちなのか?

自信を持って答えられますか?

今現在、トレードしていいのか?そうでないのか?それを知ることこそが環境認識です。

しかし、環境認識をしよう思っても、どこが高値でどこが安値なのか分からない。
それが分からなければ、波の描き方も自信をもって描くことができないですよね。

環境認識で、一番してはいけないことは、その都度、高値と安値の取り方に一貫性がないことです。

適当になんとなく、高値と安値を取ってしてしまうと、波の描き方も変わってしまいます。

そこで、私が推奨するのが、明確なルールで定義付けされた、スイングハイとスイングローという高値と安値の描き方です。
(※私というかラリー・ウィリアムズ氏ですが・・・)

詳しくは【FXで迷わず高値・安値を定義付けする方法!スイングハイ・スイングロー】で解説しています。

MT4で明確な高値・安値を表示してくれるインジケーター|スイングハイ・スイングロー

『SwingHL_mesen』特徴②

自分で設定したスイングハイ・スイングローのルールに沿って高値・安値を点灯してくれます。

もちろん、ルールの性質上リペイントはありません。


先程も紹介しましたが、『ラリー・ウィリアムズの短期売買法』で有名なラリー・ウィリアムズ氏も推奨している、明確な高値と安値の取り方が【スイングハイ・スイングロー】というルールです。

スイングハイ・スイングローのルール

スイングハイ|最高値より低い高値のローソク足が、最高値を中心に左右n本できればスイングハイ
スイングロー|最安値より高い安値のローソク足が、最安値を中心に左右n本できればスイングロー

(※n本は一週間が5〜6日程度ということから、5〜6本が標準的)

n=5で設定した、MT4インジケーター『SwingHL_mesen』で、高値と安値を表示してみましょう。

以下の画像のようになります。

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説3

高値と安値が綺麗に点灯してますね。

このように、高値と安値をルール化することで、高値や安値の取り方に迷いがなくなり、環境認識に一貫性が生まれます。

例えば、以下の画像をご覧ください。

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説1

このように、高値と安値の取る場所が違うと、波の描き方が変わってきます。

波の描き方が毎回変わっては、環境認識が毎回違う認識になって、成績も不安定になるどころか、過去検証すらできないです。

つまり、環境認識とは波であり、波は高値と安値なんです。

高値と安値にルール化がなければ、波もルール化することができないですよね。

それでは、スイングハイ・スイングローを表示したチャートを確認してみましょう。

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説2

これが、ルール化された波の引き方になります。

トレンド転換と追従を知らせてくれるMT4インジケーター

高値と安値を表示してくれるMT4インジケーター『SwingHL_mesen』の一番の特徴が、重要な押し安値と戻り高値を自動的に表示してくれるという点です。

高値と安値が明確にルール化されているので、押し安値も戻り高値も必然的に決まります。

押し安値と戻り高値がラインで表示されるので、今現在の相場が買い目線なのか?売り目線なのか?また、どこでトレンド転換したのかが、視覚的に分かるようになっています。

トレンド転換についての考え方は、環境認識する上で非常に大切なポイントですので、

トレンド転換について、また、押し安値と戻り高値の重要性については【トレンド転換・継続サインの見極め方は押し安値と戻り高値の更新】で詳しく解説していますので、分からない方は、こちらの記事をしっかり読み込んでください。


『SwingHL_mesen』特徴③
重要な押し安値と戻り高値を表示してくれるインジケーター

『SwingHL_mesen』特徴④
トレンド転換を知らせてくれるインジケーター(メール通知設定もできます。)

『SwingHL_mesen』特徴⑤
トレンドの追従を視覚的に表示してくれるインジケーター


押し安値と戻り高値を表示してくれるインジケーター

MT4インジケーター『SwingHL_mesen』は重要な押し安値と戻り高値をラインで表示してくれます!!!

高値と安値と言っても、『重要な高値・安値』と、『普通の高値・安値』が存在しています。

まずは、下図をご覧ください。

トレンド転換と継続まとめ

新高値を更新した安値は、大口の機関投資家たちが買い上げた痕跡であり、かなり大きなポジションがその安値にあることが考えられます。

ですので、その安値をブレイクするまでは、上目線で相場を見る必要があります。(上図では、押し安値Bです。)

新高値を付けた安値のことを押し安値といい、押し安値をブレイクするまでは、買い目線ということになります。

それでは、MT4インジケーター『SwingHL_mesen』を追加したチャートはどのように表示されているか確認してみましょう。

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説4

上図を見ながら、ゆっくり読み進めてください。

  1. 新安値を更新すると①戻り高値のラインが表示されます。
  2. 直近の①戻り高値ラインがブレイクされるまでは売り目線です。①戻り高値をブレイクされると自動的に直近の②押し安値にラインが引かれます。この時点で目線は上方向に固定されます。この②押し安値をブレイクされるまでは買い目線。
  3. 新高値が更新される度に、直近のスイングローが押し安値になるので、同時に押し安値ラインも移動していきます。
  4. 画像では、④の押し安値ラインが割られるまでは、上目線で相場を見る必要があります。

つまり、押し安値ラインと戻り高値ラインを表示させることで、今現在、目線をどちらに固定するべきなのか、ひと目で分かるようになっています。

【ひと目で目線が固定できるインジケーター】

  • 戻り高値にラインが引かれているときは売り目線
  • 押し安値にラインが引かれているときは買い目線

トレンド転換を知らせてくれるインジケーター

MT4インジケーター『SwingHL_mesen』は、環境認識をする上で非常に大切なトレンド転換も自動的に表示して知らせてくれます。

さらに、トレンド転換時のメール通知機能も装備してあるので、必要な時には非常に便利です。


それでは、先ほどの画像をもう一度、確認してみましょう。

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説4

分かり易くするために、右側にオレンジ色のオブジェクトを表示させています。

その後、どうなったでしょうか?

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説5

押し安値をブレイクした後、若干のちゃぶつきはありましたが、ダウントレンドになりましたね。

トレンドを追従してくれるインジケーター

ダウ理論で『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する』という理論がありますが、『SwingHL_mesen』は、明確なトレンド転換が起こるまでまで、このラインは最後まで追従してくれます。

ここまでの解説で、すでにお分かり頂いていると思いますが、MT4インジケーター『SwingHL_mesen』は、

  • 新高値を更新する度に押し安値ラインを更新します。
  • 新安値を更新する度に戻り高値ラインを更新します。

移動平均線やMACD、平均足などの、遅行性インジケーターでトレンドやトレンド転換を判断するのではなく、ダウ理論に従ってトレンドやトレンド転換を正確に分析することができます。

そういう意味では、遅行性インジケーターに頼らない、相場分析の矯正にもなりますね。

トレンドを追従すると、どんなメリットがあるのか?

利確です。

このインジケーターは、トレーリングストップでかなり活躍してくれます。

トレーリングストップのノウハウは色々ありますが、まず、このダウ理論の決済で問題ないです。

むしろ、多くのトレーダーが投げるポイントこそが、押し安値や戻り高値なので、押し安値や戻り高値をトレーリングストップに使っているトレーダーも多いはずです。

以下のように、上手くトレンドに乗れたときに、戻り高値ラインはトレーリングストップとして使うことができます。

SwingHL9

 

マルチタイムフレーム分析でトレード方向を決める

トレンド転換や目線の固定は大切ですが、単体時間だけで判断するのではなく、必ず複数の時間足を使って分析していきましょう。

もちろん、MT4インジケーター『SwingHL_mesen』も複数足を使わないと、効果が半減してしまいます。

マルチタイムフレーム分析が分からない方は【マルチタイムフレーム分析を習得してFX手法を蘇らせる方法】を参考ください。

それでは、以下の画像を確認ください。

【日足チャート】

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説7

点線で、戻り高値ラインをヒゲでブレイクしました。

ここから、日足は売り目線から、買い目線です。しかし、相場は横ばいになりました。

大きな時間足は、買い目線ですが、更に時間足を落として分析する必要があります。

それでは、時間足をひとつ落として、4時間足を確認してみましょう。

【4時間足チャート】

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説8

赤い枠が、4時間足の買い目線のゾーンです。

さらに、買いが集中されているポイントが絞られましたね。

このように、時間足を更に1時間に落として、買い目線であれば、手法に当てはめてみる。

1時間足のチャートは載せていませんが、青矢印あたりが、1時間足の買い目線ゾーンです。

そのゾーンで手法が当てはまれば、トレードが成功しすいポイントになります。

高値と安値を表示するMT4インジケーターの解説9
  1. 日足、4時間足、1時間足で買い目線。
  2. 自分の手法に当てはめる。
  3. 条件が整って手法に当てはまれば、買いエントリー。
  4. 条件が整わなくて、手法に当てはまらなければノートレード。
この解説はトレンドフォローの手法をお持ちの場合のみ有効です。

一番大切なことは一貫性のある分析

相場分析や環境認識にも、いくつも手法がありますが、どのような分析方法でも、いつも同じように分析をしなければいけません。

私が、相場分析や環境認識を学び始めた頃に一番困ったのが、高値と安値、波の規模でした。

ですので、このインジケーターを必要とされているトレーダーも少なくないと思います。

さらに、このMT4インジケーターには、押し安値や戻り高値もルール化されています。

ですので、一貫性のある分析や過去検証をすることができます。

私は、現在、トレードに随分と慣れてますので、ローソク足を見て相場分析をしています。

なぜか?

高値・安値・始値・終値が絶対的なデータだからです。

誰が見ても同じだからです。

そして、一番大切なこと!いつも同じ分析方法をするためです。

細かいポイントや重要なサポレジとトレンド転換を、このインジケーターで確認しています。

繰り返しになりますが、環境認識の方法もたくさんありますが、実際、どのような分析方法でも良いんです。

分析する上で、一番大切なことは、いつでも一貫性のある分析ができているかどうかです。

いつも同じルールで、高値と安値を認識すること。
いつも同じルールで、波の規模や引き方をすること。

その先に、裁量や自己判断の領域が待っているんです。

MT4インジケーター『SwingHL_mesen』は、一貫した環境認識のやり方を教えてくれるインジケーターです。

高値・安値を表示してくれるMT4インジケーター|【SwingHL_mesen】

最後に、MT4インジケーター『SwingHL_mesen』の特徴をまとめておきます。

  • 明確な高値と安値を捉えるので、一貫した波を描くことができます。
  • 自分で設定したスイングハイ・スイングローのルールに沿って高値・安値を点灯してくれます。(※リペイントはありません)
  • 重要な押し安値と戻り高値を表示してくれます。
  • トレンド転換を視覚的に知らせてくれる設計(メール通知設定も装備)
  • トレンドの追従を視覚的に表示してくれるインジケーター(トレーリングストップに有効)
  • 一貫した分析をすることができます。
  • 目線を固定して、過去チャートで分析することができます。
  • 環境認識にかける時間の軽減

MT4インジケーターSwingHL【mesen】購入方法

どのような手法でも、必ず必要なスキルが環境認識です。

ですから、このインジケーターは、これから、色々とトレードに役立つ情報を発信していくうえで、特典としてご紹介できればと、ずっと思っていたインジケーターでした。

現在【厳選された6つの優良商材】の購入者特典として、お付けしております。

また、非常に有難いことに『インジケーターのみ直接購入したい!』とのお問い合わせも多数頂きましたので、「いつまで」という期間は決まっていませんが、このブログ限定で直接購入できるようにしておきました。(※事前予告なく終了する場合がございますのでご理解ください。)

 

追伸

このインジケーターは、高値と安値だけではなく、押し安値や戻り高値の表示、トレンド転換のサインなど、重要な情報を表示してくれる、他にはないインジケーターになっています。

移動平均線やボリンジャーバンドなどの、遅行性インジケーターだけに頼った相場分析をしていては、到底、安定して利益を残せるトレーダーになることはできません。

私も、もっと早く相場の本質に触れることができれば、多くの時間と資金を守ることができたと思っています。

是非、あなたも、このインジケーターを通して、相場の本質を理解し、トレードのスキルアップの向上に役立てて頂ければ幸いです。

エイク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。